読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1184446
0
社会人になる前に知っておくべき12カ条
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『社会人になる前に知っておくべき12カ条』
[著]樋口裕一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私は作文・小論文の指導者であり、大学の教員でもあるので、若者と接する機会が多い。私のゼミに所属する数十人の大学生とは、電話やメールでも頻繁(ひんぱん)にやり取りする関係だ。

 もちろん、今の若者には(たの)もしいところ、愛すべきところがたくさんある。日本の将来も安心していられると思うことも多い。が、反面、心配になってくることも少なくない。特に感じるのが、今の若者たちの中に幼い人が多いことだ。

 今の大人たちが、みんな今の若者よりもずっと成熟していたと言うつもりはない。かく言う私も、かなりの年齢(ねんれい)になるまで一人前になれなかった覚えがある。幼い大人たちをあちこちで見かけることもある。

 だが、昔はガミガミ言う厳しい大人がいたので、若者は世間にもまれ、いやおうなしにそれなりの社会のルールを身につけた。今の若者はそのような機会がないので、どうしても、幼いままの人間が増えてしまうのだろう。

 だが、大人になりきれない若者がこのまま社会に出てしまったら、すぐにしっぺ返しを受けることになるだろう。もし(しか)ってくれる大人がいなかったら、いつまでも幼い心を持ち続けてしまうかもしれない。人によっては、自分が未熟なのを(たな)に上げて、他人を責めたり、社会に不適応になったりするかもしれない。このままでは、何よりも本人が損をする。

 そのような思いのもと、社会に出てしっかりとした大人として生き()き、なおかつ、損をしないで生きていくための心構えを12カ条にまとめたのが本書だ。

 本書を読んでいただければ、大人の社会がどのようなルールで動いているか、どのような心構えでそこに加わればよいのかがわかってもらえるだろう。そして、この12カ条を身につけただけで、しっかりとした大人として生きることができ、自分をアピールできるだろう。

 何事もスタートが大事だ。あとで取り返しがつくとはいえ、スタートが順調なのとつまずくのとでは大違(おおちが)いだ。

 多くの人が、本書に書いた12カ条を参考にして着実な人生を()み出し、しっかりとした自己実現を行ってくれることを(いの)ってやまない。

樋口裕一 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:900文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次