読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1185503
0
天皇と日本国憲法(毎日新聞出版) 反戦と抵抗のための文化論
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
悲しき日本プロ野球

『天皇と日本国憲法(毎日新聞出版) 反戦と抵抗のための文化論』
[著]なかにし礼 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 今回の日本野球機構(以下、NPBと略す)のスキャンダルは不祥事を通り越してほとんど犯罪である。なぜ犯罪とまで言うか? アメリカなら選手会が、労働条件の無断改悪とその隠蔽という罪状でコミッショナーとNPBを刑事告訴するであろうし、結果は「有罪」そして莫大な損害賠償を請求するであろうからだ。コミッショナー本人が知っていたとすれば、犯罪の教唆もしくは主犯であり、知らなかったとすれば、職務怠慢であり、管理責任者として主犯を徹底追及しなければならない。もしそれができなければ同罪である。概して日本はそういう事態にならない。日本人はおとなしいのか、長いものに巻かれろ精神なのか、(そく)(いん)の情にあついのか、無知なのか、懲りない性分なのか、とにかく白黒つけることを嫌う。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2476文字/本文:2812文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次