読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1185518
0
天皇と日本国憲法(毎日新聞出版) 反戦と抵抗のための文化論
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ロリン・マゼールの勝利

『天皇と日本国憲法(毎日新聞出版) 反戦と抵抗のための文化論』
[著]なかにし礼 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ロリン・マゼール指揮によるミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を聴いた(二〇一三年四月一八日、サントリーホール、朝日新聞社共催)。曲目はワーグナーの歌劇「タンホイザー」序曲~ヴェヌスベルクの音楽、楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死。そしてブルックナーの交響曲第三番(通称「ワーグナー」)であった。


 ミュンヘン・フィルは前回、指揮者クリスティアン・ティーレマンとともに来日(二〇〇七年一一月)した時、リヒャルト・シュトラウス、ブラームス、ブルックナーの作品を二日にわたり聴いて、そのドイツ的純血度においてその格調の高さにおいて、比類のない実力をそなえているオーケストラであることを知った。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2403文字/本文:2704文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次