読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1186050
0
なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第二部 最初の原爆実験はニューメキシコの砂漠で行われた

『なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アメリカは一九四五年三月、原爆を完成させることに成功した。数千人の学者を中心に二〇万人が導入され、二〇億ドルという巨費が注ぎ込まれたが、マンハッタン・プロジェクトの公式記録によっても、製造された原爆は三発しかなかった。

 原爆も兵器であり、周到な実験や準備を行ったあとでなければ、実戦に使うことはできない。そこで三発の原爆のうちの一発を使って、計算どおり爆発するかどうかを見る実験がニューメキシコの砂漠で行われることになった。

 オッペンハイマー博士が、トリニティーと名付けた実験は、アメリカの独立記念日の七月四日に行う予定で準備が始まった。実験は二〇〇人あまりと、ごく少数の人々が行うことになっていた。当然のことながら準備は極秘のうちに進められ、実験に携わる人々は途轍もない重圧を感じていた。

 実験場まで三〇キロ以上の道路をつくり、何キロにもわたって電線を敷き、FMラジオを設置して十分な通信体制が整えられた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3225文字/本文:3630文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次