読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1186051
0
なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三部 広島・長崎への原爆投下は「プロジェクト・アルバータ」と呼ばれた

『なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 マンハッタン・プロジェクトの正式な記録は、原爆製造の公式記録で、実際に使われたあとの記述は少ない。したがって、初めて原爆を投下した広島と長崎に対する爆撃についても公式の記録はあまりない。

 原爆についてのホワイトハウス内の話し合いは、ほとんど非公式なものだった。スティムソン戦争長官やハリマン補佐官などの日記に、ホワイトハウスにおける大統領とのやりとりの記録があるが、あまり明確な記述は見当たらない。このため、原爆投下について大きな秘密があるのではないかという疑いがいまも強く残っている。日本の学者やジャーナリストも、ナショナル・アーカイブスなどでその記録を探しつづけている。

 すでに触れたように、アメリカ政府は政府の決定のほとんどすべてを一般に公開するよう、法律によって義務づけられている。政府特権によって非公開になっている決定はあまり多く存在していない。国家の安全保障に関わる外交機密や核兵器はその例外といわれてきたが、ソビエトが崩壊して膨大な情報が表面化したため、冷戦の相手だったアメリカの秘密も多くが漏れてしまった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3409文字/本文:3871文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次