読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1188686
0
「不機嫌」になる心理(愛蔵版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自分は“普通の人”であることを知れ

『「不機嫌」になる心理(愛蔵版)』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●神経症的要求は非現実的要求


 完全でなければ気が済まないという人がいる。この完全主義の人というのは、カレン・ホルナイのいう神経症的要求をする人ではなかろうか。完全主義の人とはいつも完全へと駆り立てられている人である。神経症的要求の特徴の一つは非現実的ということである。

 非現実的要求をする人とは、例えば病気にならない、いつも健康でいたいなどという人、高齢者で若者と体力をきそう、いつまでも若くいたいなどという人である。こんなことは自然の法則に反する。神経症的な人は他人には自然の法則を当てはめるが、自分には当てはめない。自分は常に例外なのである。

 例えば、夜中に電話してくる人がいる。何というかというと、「夜中に電話するのは失礼ですが、誰それさんはいますか」となる。失礼なことであるとは知っている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2978文字/本文:3327文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次