読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1189453
0
親は子に何を教えるべきか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
こどもの言葉の乱れ

『親は子に何を教えるべきか』
[著]外山滋比古 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 このごろよくお母さん方から、うちのこどもの言葉遣いが乱れて困る、どうしたらよいのだろうか、という話をきく。


 こどもはときどき、悪い言葉を使ってみたくなるものらしい。いつの時代でも、こどもはよくない言葉を使ってしかられる。ただ現代のこどもは、これまでのこどもよりいっそうその点で革新的? なのであろうか。


 言葉遣いが乱れていると言われるのは、たいてい、敬語を使わないで、乱暴な言い方をするのを指している。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1188文字/本文:1390文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次