読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1189464
0
親は子に何を教えるべきか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
教育の男性化

『親は子に何を教えるべきか』
[著]外山滋比古 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 このところまた、教育に対する関心が高まっているように感じられる。


 もっとも、これまでも、教育に冷淡であったわけではない。教育ママという言葉が象徴しているように、過熱気味ですらあった。ところが、このごろになって高まってきた教育熱はそれとはひと味違うのである。どこが、どう違うか。一般にはまだはっきりはとらえられていない。


 政治の世界でも教育が大きな問題になることがすくなくない。自治体選挙では学校群の存廃を争点として勝負がきまるなどという例がすこしずつだがふえているが、選挙民の意議の高さは、一に教育、二に景気、三に物価だといわれる。変われば変わるもの。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2436文字/本文:2713文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次