読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
30
kiji
0
0
1190155
0
徹底比較! 関東人と関西人 性格から衣食住の好みまで
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「銀座」は勝手に名乗れるが、「京都」は審査が必要

『徹底比較! 関東人と関西人 性格から衣食住の好みまで』
[著]日本博学倶楽部 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本で最も多い通りの名は「銀座通り」といわれる。東京都内でも本家の中央区銀座以外に、戸越銀座、江古田銀座、砂町銀座など、多くの駅前通りや商店街に「銀座」の名が見受けられる。

 これだけ銀座の名称が使われるようになったのは、この街が明治維新後に文明開化の象徴として、文化や流行を発信する最先端の街として認められたからだ。

 今では新宿、渋谷、六本木など、東京の繁華街は多くなったので、かつてほど銀座の威光はないが、昭和前期の一九二〇〜三〇年代にかけては、銀座が都会の象徴だった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:662文字/本文:899文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次