読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1190323
0
暗殺の世界史 シーザー、坂本龍馬からケネディ、朴正熙まで
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第六章 日韓併合に反対する民族主義者が拳銃を乱射

『暗殺の世界史 シーザー、坂本龍馬からケネディ、朴正熙まで』
[著]大澤正道 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

──伊藤博文の暗殺事件

〈明治四十二年(一九〇九)十月二十六日〉 


〓犯人はどんな凶器を用いたのか


 ロシア政界の実力者ココーフツォフ蔵相との対面を終えた伊藤博文は、ロシア自慢の豪華な貴賓車を降りた。ハルビン駅のプラットホームにはロシア官民の幹部、各国領事、在留日本人代表らがずらりと並んで、この遠来のVIPを出迎えた。


 軍楽隊の奏楽の中を、伊藤はココーフツォフと並んで、ロシア鉄道守備隊の()(じよう)(へい)(えつ)(ぺい)した。伊藤のあとには満鉄総裁(なか)(むら)()(こう)、同理事()(なか)(せい)()(ろう)、ハルビン総領事(かわ)(かみ)(とし)(ひこ)、宮内大臣秘書官(もり)(たい)()(ろう)(かい)(なん))らが従った。


 閲兵を終え、各国領事の挨拶を受けた伊藤は、日本人歓迎団のほうへ歩み寄った。


 そのときである。儀仗兵の背後から(とり)(うち)(ぼう)をかぶった凶漢が躍り出て、伊藤めがけてブローニング式七連発の拳銃を乱射したのである。犯人はただちにロシアの官憲に取り押さえられたが、凶漢は「コリア、ウラー(大韓国万歳!)」を連呼した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3968文字/本文:4480文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次