読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
200
kiji
0
0
1191016
0
世界的オペラ歌手が教える 一瞬で魅了する「いい声」レッスン
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1章 あなたの声はどんな声?

『世界的オペラ歌手が教える 一瞬で魅了する「いい声」レッスン』
[著]島村武男 [発行]二見書房


読了目安時間:19分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


誰もが「いい声・美しい声」を持っている

 私は「いい声」こそが、人の自信や力となり、幸せを得るための大きな武器となるツールだと思っています。

「オペラ歌手ならあたりまえでしょう」と思われるかもしれませんが、けっして歌手だからというだけではありません。人前に出て歌ったり話したりする職業でなくても、会社員や主婦の方、あるいは学生の方であっても、誰にとっても声の重要性は変わりません。


 声はその人を表現する重要なものだからです。


 人間は社会生活をする動物です。


 社会生活をうまくするためには、他人とのコミュニケーションが欠かせません。コミュニケーションを円滑にするためには、自分の意思をはっきりと伝え、相手にその内容を理解してもらわなければなりません。


 円滑なコミュニケーションのためには、何が必要でしょうか?


 しっかり整理して話すこと?


 説得力を持たせる内容にすること?


 相手の立場になって話をすること?


 もちろん、これらはとてもたいせつなことです。


 でもそれ以前に、他人と話をするときに大きな「障害物」があることを忘れてはいませんか?


 その障害物とは、「好き・嫌い」という人間の生理的な感覚です。


 人間は、「好意を持っている人の話はしっかり聞こうとするが、嫌いな人に対しては耳をふさぐ」ものです。これは理性ではなく、まさしく生理的な問題です。



 人と会ったとき、はじめに目に入るのは相手の姿形です。


 その人の顔や服装、かもしだす雰囲気などパッと見てとれる部分だけで、まず「好き・嫌い」のフィルターが働きます。だからこそ人は外見に気を配り、その場に合わせた装いになるように服装を整えるなど、努力をするのです。


 そして、つぎに判断基準になるのが「声」です。


 相手の声が、自分の耳に心地よく響けば好意を抱きますし、耳障りなものであれば嫌悪感を持ってしまいます。


 ですから、どんなに会話がうまくても、「声」が気に入られなくては、じゅうぶんなコミュニケーションは成立しないのです。

「他人に気に入られる声」といっても、声にも好き嫌いの感情が働きますから、すべての人が同じような声を好きになるわけではありません。だから、こういう声を出せばコミュニケーションがうまくいくという「絶対的な声」は存在しません。


 それでも、「より多くの人に好感を持たれる声」は存在します。


 それは、「正しく発声された声」、つまり「人間が生まれながらにして持っている、無理のない、自然な声」です。


 すべての人が持っていたはずの自然な発声を思い出し、あなたの「いい声」を取り戻すことが、私のお教えする発声法なのです。



 残念ながら多くの人は、顔やプロポーションほどには自分の声に気を使っていないのが現状です。


 けれども、もしもあなたが発声法で「いい声」を手に入れられるとしたらどうでしょうか。


 健康や美容のために努力したり、おしゃれに気を使うように、自分の発声を見直してみましょう。自然な発声を覚えるだけですから、そんなにむずかしいことではないのです。


相手に与える印象の4割は「話し方や声の質」

 この本でご紹介する「声力開発トレーニング」は、何か特別な「いい声・美しい声」の出し方ではありません。


 みなさんが、本来生まれながらに持っている、ごくごく自然な声をよみがえらせるトレーニングです。


 そうして「いい声・美しい声」を出せるようになると、あなたの毎日は大きく変わり始めるのです。それはなぜでしょう?

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7986文字/本文:9412文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次