読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1191475
0
人を育てるカウンセリング・マインド ビジネスリーダーが読む心理学
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
スタッフによるカウンセリングの心得

『人を育てるカウンセリング・マインド ビジネスリーダーが読む心理学』
[著]國分康孝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:25分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 スタッフによるカウンセリングというのは、社内相談室のことである。つまり社内のカウンセリング・ルームである。ここで相談に応じる人には二種類ある。いわゆる心理学を修めた人や保健婦など、プロフェッショナルな教育を受けた人がカウンセリングを行なう場合と、その会社の社員が選ばれて相談員としてローテーションで行なう場合の二種類である。


1 有能な社員を相談員に



 社員がローテーションで来て、ある期間そこでカウンセラーを務める場合から述べる。


 この場合の留意点の第一は、社員として有能な人を相談室にまわし、配置することである。こういうと差し障りがあるかもしれないが、社員として影が薄くて、みんなから除け者にされていたような人を、「こいつは他に使い道がないから相談室にでもまわすか」というのがいちばんよくない。最近は定年後に嘱託という形でカウンセリング・ルームに転属になる人もいる。現役時代に有能であった人が来た場合はよい。しかし、そうでない人が来た場合は、カウンセリング・ルームは見向きもされないと思う。カウンセラーというのは、社員から見て畏敬の対象にならねばならないからである。これを専門用語ではスーパーエゴ(超自我)対象という。平たくいえば畏敬の対象ということである。それではなぜ畏敬の対象でなくてはならないのか。それは自分が尊敬のできる人だからこそ自分の弱点をさらけ出す気持ちになるからである。ちょうどカトリックの信者が神父に告白するのは、神父を尊敬しているからであって、尊敬しているからこそすべてを打ちあける気持ちになるのと同じだと思う。であるから、社員がカウンセラーになるときには、社員の中でもみんなが一目おいている人や、尊敬している人を配置する必要がある。


 第二に、優秀な社員を配置した方がよい理由は、職場のいざこざがあって職場の長に「今、あなたの部下はこうこうだから、こういうようにやって下さい」とお願いする場合に、職場で一応尊敬されている人がお願いに行った方が協力してくれやすいからである。職場で尊敬されず、たいして戦力にならなかった人が、いくら協力を要請しても、一笑に付されてしまう。だからクライエントのために活動できる人は社員としても有能な人ということになる。


 もっとよいのは、多くの部署をローテーションして、どこの部署にも自分の親しい同僚や後輩がいる人がカウンセラーになった場合である。人事異動をさせる場合にもいろいろアドバイスができる。「この人は今の部では能力を出しきれないようだが、こっちの部署に移したら立ち直れると思います」などの進言ができる。これは心理学出身のプロのカウンセラーよりも優れた点である。プロのカウンセラーは神経症を治療するのは上手いが、会社の中の適材適所の検討や会社の中の人間関係の調整については、一般的にいってあまり得意ではない。それゆえ、カウンセラーを採用するときには、それぞれの特色のある人を上手にピックアップしてスタッフにした方がよいのである。


2 話す、書く、意見具申のうまい人を!

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:11054文字/本文:12315文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次