読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1191844
0
経営の心 松下幸之助とともに50年
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
“お客様大事”の心

『経営の心 松下幸之助とともに50年』
[著]松下正治 [発行]PHP研究所


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 お客様の立場で物事を考える


 松下幸之助は、事業活動の推進に当たっては、常にあらゆる面で、“お客様大事”の心に徹して行わなければならないと力説してきました。

 昭和十六年(一九四一年)に幸之助が松下電器社内に配布した文書には、

 「我々生産人として真の信用を()ち得るには 今後其の製作部門たると販売部門たるを問はず(すべ)ての点に需要者の求むる(ところ)に完全に合致し 充分に役立ち得る優良品以外一品たりとも製作せず販売せぬ事を建て前とし これを厳守する事より他にはない(後略)」

    (社主通達第四十七号 昭和十六年一月丗一日付)


 「単に製作の上のみに止まらず 販売経営部門に於ても亦我社製品に関しては其の販売の流れ先まで慎重に留意 果して需要者をして満足せしめ得たりしやサービスに不親切なきや等の点まで進む処に初めて完璧を期し得るものに有之 (いやしく)も売り放しにして 後は顧みざる如き不誠意は断じて採らざる処に有之候(後略)」

    (社主通達第四十九号 昭和十六年八月十八日付)


 と、“お客様大事”の基本姿勢を明確に示しています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4107文字/本文:4582文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次