読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1192740
0
100%絶対かなう「願い方」(大和出版) うまくいく人は神さまに“何を”“どう”願っているのか?
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
序 章 「神様、お願いします」にはコツがある 「間違った願い方」と「正しい願い方」

『100%絶対かなう「願い方」(大和出版) うまくいく人は神さまに“何を”“どう”願っているのか?』
[著]山富浩司 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


人一倍頑張っているのに、苦労ばかりなのはなぜ?


「成功者は、願い方上手」

「成功は、願い方が9割」


 もしそんなふうに言われたら、あなたはどう思われますでしょうか?


 アップル社創業者のスティーブ・ジョブズが、瞑想を日常的に行っていたことは有名です。フェイスブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグ、マイクロソフト社創業者のビル・ゲイツも同様です。


 グーグル、ゴールドマン・サックス、アップル、インテル、フェイスブック、マッキンゼー&カンパニー、マイクロソフト、P&Gなど、海外では一流企業が続々と瞑想やマインドフルネスを社内研修の一環として導入しています。


 マインドフルネスとは、「今、この瞬間」に集中することです。


 なぜ世界に名だたる著名人や有名企業が次々と瞑想やマインドフルネスを導入しているのでしょうか。


 それはとりもなおさず「願いが叶う」からです。


「正しい願い方」「間違った願い方」がある、という事実を知ることは、夢や願い、目標を叶える上でとても大切です。


「頭がいい人、頑張っている人が報われず、日々苦労しているのが理解できないんです」


 あるとき、そんな溜め息にも似た声が聞こえてきました。


 よくよく伺ってみると、その方ご自身のことだったのです。


 その方はもともと知能指数が高いそうで、学生時代は苦もなく成績は常にトップクラス。そのまま一流大学を卒業。生まれもご両親が大きな会社を経営されていることもあり、子どもの頃から欲しいものはなんでも買ってもらえたそうです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3166文字/本文:3801文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次