読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
150
kiji
0
0
1193337
0
受験生の心の休ませ方
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三章 落ちこんでいる今から出発しよう

『受験生の心の休ませ方』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:16分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


不満の原因は何か?



 今、あなたは不満である。

 しかし、何が不満であるかが分かっていない。
「私はこのことが不満です」というものがない。でも不満。

 なんだか分からないけど、とにかく不満。

 そうした得体の知れない不満を持つ人は大人にも多い。

 それは愛情の不満なのである。

 今の日本の社会が不満だとか、学校が不満だとか、受験制度が不満だとか、色々と言うかもしれないが、正直なところ、それが不満だとは心の底では思っていない。

 得体の知れない不満に対して、それに何か理由をつけなければならないから色々と言っているだけである。その真の理由は愛情の不満である。


 真の愛情が不足している不満。あるいは「過剰(かじょう)なる虚偽(きょぎ)の愛情」の不満。
過剰(かじょう)なる虚偽(きょぎ)の愛情」は、『疑わしき母性愛』(ヴァン・デン・ベルク著/足立(あきら)・田中一彦(かずひこ)訳/川島書店)という本の中で出てきた言葉である。内容はどう表現してもよいが、愛情不足が原因の不満である。

 本当の自分という存在を認めてくれない不満、自分が頑張(がんば)って達成したことを認めてくれない不満、真剣(しんけん)にしたことを軽く(あつか)われた不満、頑張(がんば)った努力をわかってくれない不満などであろう。

 本当は自分が母親を独占(どくせん)したかった、本当は母親に自分のほうを見ていてほしかった、本当は自分の話だけを聞いてほしかった、でも(ちが)った……などの不満であろう。

 親から感謝されたくて手伝いをした。でも感謝されなかった。

 そうした不満が続く中で、元気に生きる気力もなくなってしまった。

 頑張(がんば)っても認めてくれないから、頑張(がんば)るエネルギーがなくなった。

 大切なのは、自分の本当の不満の原因を()き止めることである。本当の不満を学校への不満に置き()えたり、社会への不満に置き()えたり、先生への不満に置き()えたりしていては、いつになっても満足した生活はできない。

 成績の不満にしても、本当は「実際の自分」に対する不満ということもある。
「こうなりたい自分」というのがある。

 しかし、なかなか、その「こうなりたい自分」になれない。

 そうした不満がベースにあるから、成績が悪いと傷ついて落ちこむ。友達や恋人(こいびと)や先生に軽く(あつか)われると傷つく。何かにつけて傷つく自分。

 しかしなぜ「こうなりたい自分」が出てきたのか。

 なぜ、ありのままの自分では不満で、「こうなりたい自分」がいるのか?
「こうなりたい自分」とは他人の賞賛を浴びる自分、あるいは親から認められる自分。

 いずれにしろ、なぜあなたは「こうなりたい」のか?

 もしかしたら、小さい(ころ)から親があなたをほめないで、従兄弟(いとこ)のことばかりほめていたからかもしれない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6507文字/本文:7688文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次