読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1194143
0
「外見」だけで評価を上げる技術
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『「外見」だけで評価を上げる技術』
[著]樺旦純 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 仕事の実力はそれほど違わないはずなのに、なぜか上司の評価が高く、周囲からの評判もよい「あいつ」――あなたのまわりにもいるのではないでしょうか。彼らに共通するのは、
「あの人に任せておけば心配ない」「どことなく頼りになりそうだ」

 という「いい印象」を上司や同僚に与えているということです。

 実際、仕事の現場において、一人ひとりのビジネスの能力というものは劇的に差があるわけではありません。いかに実力を上手にアピールし、巧みな表現で心情を伝えているのか「ちょっとした差」が、結果的にはとりかえしのつかないほど「大きな差」を社内で生んでしまうのです。こうした能力は、「いい印象」を醸しだす能力と言い換えてもいいでしょう。

 これほど「印象」の持つ力は大きいのです。しかし私たちは、ふだん自分自身が相手にどんな印象を与えているか、どれほど意識しているでしょうか。「そういえばほとんど考えたことがないや」というのが、大方のところでしょう。とかく日本人は、何を考えているのかわからないといわれますが、私たちは自分を表現し、理解してもらうことを重要視してこなかった傾向があるのです。それよりむしろ、感情を押し隠し、寡黙を通すことが美徳とされてきました。

 しかし、人間にはみな、自分を知ってほしい、わかってほしいという自然な欲求があるものです。会話の中で「私が、私が……」と自分のことだけをしゃべってしまう人、スピーチで自分のことを長々と語ってしまう人は、この欲求がゆきすぎてしまったのです。

 こうなると、はた迷惑ではありますが、反対に、向かい合ってある程度一緒に時間を過ごしても、どんな人なのか、何を思っているのか、まったく知ることができなかったらどうでしょう。そんな相手と接するのは気詰まりで、非常な負担を感じるはずです。

 自分を表現するのは、決して自分のためだけではありません。相手を楽な気分にさせ、円滑な社会生活を営むためには、欠くことのできないマナーなのです。そして、自分を表現するなら、できるだけいい印象を与え、よりよい人間関係を築けるようにしたいものです。それにはちょっとした「自己演出」が必要です。ここでいう「演出」とは、嘘をつくことでも、ないものをあるように見せることでもありません。あなたの持っている誠実さ、熱意、有能さなどのいい面を、相手に知らしめ、お互いを生かすことなのです。

 印象を左右するのは、実は仕草や表情、声のトーンなど些細なことがほとんどです。

 たとえば、あなたがちょっとした頼まれ事をしたと想像してください。ところが、いまはたいへん忙しくて、それをかなえてあげることができず、断らなくてはいけません。そんなとき、眉一つ動かさず「できませんよ」と答えた場合と、「これこれの理由でいまはできないんです。明日なら引き受けます」と答えた場合を比較したらどうでしょう。答えはいうまでもありません。前者の場合、相手はあなたにマイナスの印象を抱き、後者の場合は、断られたにもかかわらず、好感を抱くはずです。

 このように、自分の顔つきや言葉づかい一つで、相手の心や行動を動かすことが可能なのです。表情、手足の動き、服装や小道具までが、あなたの人間性、能力、感情、気分を表現する大切な手段です。すべてを総動員して、正しく相手に伝えることによって、好印象を与えることができるのです。でも、難しく考える必要はありません。私たちは無意識のうちに自己演出して、自分のイメージを変えているはずです。

 結婚披露宴に出席したときは明るい笑顔で晴れやかに振舞いますし、お葬式ではうつむき加減に沈痛な面持ちを浮かべます。部下や後輩と飲みに行ったらゆったりと大らかに構えますし、上司や重役との会議では、きびきびと素早く行動します。相手や周囲の心情を汲み取り、その場に応じたよりよい自分を表現することが「いい印象」につながるのです。

 自分をよく知り、仕草や行動をちょっと意識して変えるだけで、相手に与える印象は大きく違ってきます。また、これによって、相手の心の動きをより深く知ることができます。人間関係の広がりは、印象の善し悪しにかかっているのです。

 表現が下手なために実力が発揮できない、心情をうまく伝えることができない――これでは、上司や周囲の評価を得ることができません。そんな人は本書を読むことにより殻を破ってください。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1802文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次