読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1194732
0
スポーツの世界は学歴社会
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『スポーツの世界は学歴社会』
[著]橘木俊詔 [著] 齋藤隆志 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 スポーツの世界において、学歴は重要な変数かと問われれば、本書での解答は「Yes」である。中卒よりも高卒、高卒よりも大卒というように、上の学校を卒業したほうが有利だからである。さらに、どの学校を卒業したかも、ウエートが高い。これは、学業の名門校にも、スポーツの名門校にも当てはまる。とくにプロ選手として活躍している人には、スポーツの名門校出身者が目立つ。

 もちろん多くの場合、スポーツの世界では個人の実績がとことん評価されるため、どの学校を卒業したかは、ほとんど関係がない。あえていえば、スポーツの名門校で受けた訓練が、その人の基礎体力や基礎技術の向上に役立ってはいるかもしれない。

 むしろ、学歴が意義をもつのは、学校、企業、プロにおけるスポーツのキャリアを終えて、指導者になるとか、スポーツ以外の世界で働こうとするときである。これは、企業や官庁において学歴が果たす役割と同じだといえる。経済学の理論がここでも生きていることを知ることができた。

 また、「同じ釜の飯を食う」という言葉に代表されるように、同じ学校を出ていることの引きがかなり強いことも付言しておこう。現代風にいえば、ヒューマンネットワークが生きている。学生時代に同じスポーツの部活で苦しい練習に耐え、勝利と敗戦で喜びと悲しみを共有した仲間、先輩、後輩の間柄という意識が、卒業後も続くのである。

 本書の執筆にさいして、学校関係者、スポーツ選手などにインタビューを重ねた。インタビューに応じていただいた方がたのお名前は控えるが、いろいろご教示いただいたことに感謝したい。さらに、本書の出版を可能とし、かつ有益な編集作業を行っていただいたPHP研究所新書出版部の林知輝氏にも感謝したい。

 最後に、著者2人は京都大学時代の師弟関係にあるが、2人で会うときは、学問よりも趣味のスポーツのことを話す時間のほうが長い間柄である。スポーツ熱愛者にすぎない著者の手になる本書に対する批判は覚悟しているが、教育・労働に関する学識がスポーツ選手のキャリアを考えるうえでも役立つことをわかっていただければ幸いである。

二〇一二年 十月
橘木俊詔
齋藤隆志
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:894文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次