読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1195361
0
10代の子どもが育つ魔法の言葉
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
失敗を繰り返すと、子どもは自信を失う

『10代の子どもが育つ魔法の言葉』
[著]ドロシー・ロー・ノルト [著] レイチャル・ハリス [訳]雨海弘美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ





 子どもには自信をもってもらいたいと、親は望んでいます。勉強にも課外活動にも、自信をもって積極的に取り組んでほしいと思うのです。けれども、もし、失敗が度重なれば、大人よりも心が幼い子どもは簡単に落ちこみ、自信を失ってしまいます。「ぼくには(わたしには)、力がないんだ」と萎縮してしまうのです。自分はだめな人間なのだと思いこんでしまったりします。


 がんばってもうまくゆかないと思えば、大人だってつらくなります。いっそ、最初から努力しなければ、傷つかずにすむのです。ですから、どうしていいかわからないまま、あっさりとあきらめるようになってしまうのです。


 こんなとき、後ろ向きな姿勢を見抜いて、成功への道はひとつではないことを伝えてあげるのが親の役目です。何かほかにすぐれた才能をもっているかもしれませんし、今、苦手なことも、努力すれば得意になるかもしれません。


 気持ちの浮き沈みの激しい時期です。失敗や失望が積み重なれば、大きな挫折感につながりかねません。どうか、ふだんから子どもの気持ちの浮き沈みに敏感になってあげてください。そして、希望をもって歩いてゆけるようにしてあげてください。



 理科が嫌いなニッキー


 14歳のニッキーは理科の授業がいやでいやでたまりません。このままでは合格点をとるどころか、途中で投げだしてしまいそうです。子どもの挫折を目にしたお母さんがよくそうなるように、ニッキーのお母さんも動揺しました。怒り、失望、いらだち、愛情とさまざまな思いにとらわれました。


 お母さんは動転しています。ニッキーは挫折感を抱え、悲観的になっています。この状態では、とても率直な話しあいなどできません。ニッキーから「理科は、大嫌い」という言葉以上の情報を聞きだすには、まずお母さんが落ち着かなければなりません。


 どんな子どももいつかは壁にぶつかります。物事を悲観し、他人を責め、絶望します。このことを心にとめておけば、わが子が壁にぶつかったときに、必要以上に動揺しないですむでしょう。壁にぶつかったところで、すべてが終わったわけではありません。わたしたち大人は、経験からそのことを知っています。ニッキーの態度を和らげ、理科の成績をあげさせたいなら、じたばたせずに大らかにふるまうべきでしょう。ニッキーは、「できない」ということで、もうじゅうぶん、傷ついているのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5208文字/本文:6189文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次