読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
150
kiji
0
0
1195535
0
わかる! できる! 稼げる! 暗号通貨 投資のイロハ
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第4章 より早くより確実に資産を増やすテクニック

『わかる! できる! 稼げる! 暗号通貨 投資のイロハ』
[著]阿部悠人 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


上げ相場、下げ相場での買い分け方=順張り、逆張り



 株価が上昇しているときと、低迷しているときでは、投資の手法も変わってきます。

 ここでは、そのようなときに考えるべき、順張り・逆張りについて説明していきましょう。どちらも投資用語ですが、投資をやっていない方でも「逆張り」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?


ビジネスは逆張りが良い」
人生は逆張りしてこそ楽しめる」



 そんな風に言う方も少なくありません。実際、実業家、投資家、作家など幅広いフィールドで活躍する堀江貴文さんやマイクロソフト日本法人の元社長で、無類の読書家でもある成毛眞さんは、書籍やインタビューで逆張りの重要性について語ることが多いです。

 ビジネスに限らず、サッカーの本田圭佑選手、メジャーリーガーのダルビッシュ有選手なども世間の流れとは逆行するような逆張り的言動やスタイルを見せています。

 それでは、投資における「逆張り」及び、それに対する「順張り」とは一体どのようなものなのか? さっそく見ていきましょう。


順張りは短期投資に
順張り」とは上昇相場のときに、その流れに乗って投資対象(通貨や株)を買う手法のことを言います。特に価格が上昇している途中で、一時的に価格を下げるときがありますが、これがいわゆる「押し目」というものです。

 よく使われる押し目としては、『1/3押し』『1/2押し(半値押)』『2/3押し』『全値(ぜんね)押し』の4種類があります。

 それぞれを文で表すと、「前回の上昇幅に対して、『1/3下がった』『半分下がった』『2/3下がった』『上昇前の一番安い値段と同じところまで下がった』」という意味です。

 たとえば、500円だった通貨が1000円まで上がった後、下落してきた場合、基準となる上昇幅は500円となります。よって、


・1000-500×1/3≒833

 833円まで下がれば、1/3押し


・1000-500×1/2≒750

 750円まで下がれば、1/2押し(半値押し)


・1000-500×2/3≒666

 666円まで下がれば、2/3押し


・1000-500×1/1≒500

 500円まで下がると、全値押し



 このような価格(押し目)になったときが「順張り」における買いのチャンスです。

 順張りは上昇途中で通貨を購入するので、すぐに利益が出ます。

 ですが、いつ下落に転じるかはわからないので、高値づかみになってしまうリスクもあります。したがって、長期間保有するのではなく、短期間で利益を確定するのがいいでしょう。


逆張りは中長期の投資に

 順張りに対し、株価が低迷してこれ以上下がらないと思われる状況で通貨を購入する手法を逆張りと言います。買うタイミングは価格が上昇に転じるときです。下落途中で購入しないように、チャートを見て下げ止まりや上昇の兆候を探しましょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6251文字/本文:7428文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次