読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1195875
0
ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
尖閣諸島 動かぬ証拠「台湾」

『ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実』
[著]水間政憲 [発行]PHP研究所


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

台湾の地図も尖閣諸島を日本の領土と記していた

 

 台湾が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、日米沖縄返還交渉の過程で、当時の佐藤栄作首相が、米国側から申し入れられた「尖閣諸島周辺海域の石油資源共同開発」を蹴ったことに起因しています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:379文字/本文:494文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次