読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1195904
0
男の子の育て方(大和出版) 子どもの潜在意識にこっそり“成功の種”をまく方法
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
成功の種 2 男の子の潜在意識にこっそり「学力アップの種」をまく

『男の子の育て方(大和出版) 子どもの潜在意識にこっそり“成功の種”をまく方法』
[著]中野日出美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


〓絶対にまいてはいけない「失敗の種」



 これからの時代を生きる男の子に必要な「成功の種」の1つとして「競争力」があげられると思います。

“お手々つないで横並び”でいいのは、せいぜい幼稚園くらいまでのこと。


 現実社会において、高学歴であることが依然として有利なのは明白です。


 子どもがかわいいあまりに、きれいごとや理想論だけで育てると、現実社会の厳しさにペチャンコにされる男になってしまいます。だからといって、やみくもに勉強させれば高学歴を獲得できるというわけでもありません。


 ここでは、親のどんな言動が子どもの学力をアップさせるうえで「失敗の種」になるのかをご紹介しましょう。


1.子どもには「勉強しなさい」と言いながら、親はテレビやスマホに夢中



 ケン君のお母さんは、ケン君が将来、生きがいを感じられるような職業に就いてくれることを願っています。


 だから、自分がテレビを見ているときも、スマホでLINEをしているときも、心を鬼にして「勉強しなさい」と厳しく言います。


   ↓


 口では「勉強することの大切さ」を教えながら、親がテレビやスマホに夢中になっている姿は、子どもの潜在意識に「何かを学ぶことよりも、やりたいことをダラダラとしているほうがいい」という「失敗の種」をまきます。そして、大人になってからも、やらなくてはならないことを先延ばしにしたり、いつも目標を達成できずに後悔するパターンを繰り返すことになります。



2.「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」という子どもの質問に答えられない


「早く勉強しちゃいなさいよ」とママに言われたトオル君は、「どうして勉強しなくちゃいけないの?」と聞きました。


 するとママは、「子どもは勉強することが仕事なの。へ理屈言ってないで、さっさとやりなさい!」と答えました。


   ↓


 これは、子どもが一度はする質問です。この質問の答えが子どもにとって納得のいかないものだった場合、「勉強をしなくてはいけない理由なんてないのだ」という「失敗の種」になります。そして、大人になると、子どもには勉強を強要しながら、自分はダラダラとすごす親になる可能性が高くなります。


3.勉強の質よりも量や時間にこだわる



 マサト君は毎日2時間、算数のドリルをやることをお母さんと約束しました。だから友だちと遊びすぎて疲れたときや、塾で遅くなったときには、夜中の12時くらいまで勉強をしてから寝ます。


   ↓


 親が勉強の質よりも量や時間にこだわり、しかもそれを子どもに強制すると、「結果はどうであれ、努力することのほうが大切なのだ」という「失敗の種」になります。


 そうすると、大人になってもただひたすら努力を続けるだけで、満足する結果は得られない非効率的な生き方をするようになります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6026文字/本文:7164文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次