読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1195915
0
心屋流 がんばらないレッスン
2
0
5
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『心屋流 がんばらないレッスン』
[著]古庄由佳 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
5
| |
文字サイズ

「がんばらなくちゃ」の(のろ)いにかかっていませんか?


●どうしていつも私ばっかり大変なんだろう

●どうしてこんなにやってるのに、うまくいかないんだろう

●あの人はいつもイイ思いをしているのに、どうして私は助けてもらえないの?

●どうして私は、みんなと同じようにできないのかなあ

●どうせ私なんて、何をやってもダメなんだ……



 こんなふうに思って苦しい時は、少しがんばりすぎている時かもしれませんね。


 と言われて、「いえいえ、別にがんばってなんかいませんから」と言いたくなるとしたら、やっぱりがんばりやさんなのかもしれませんね。


 こんにちは。心理カウンセラーをしております、(ふる)(しよう)()()(通称:うさこ)です。



 私は普段、人生にしんどさや生きづらさを感じている方々に向けて、ラクに楽しく生きやすくなる考え方をブログやセミナーを通してお伝えしています。その仕事をしていて一番多く出会うのが、「がんばりやさん」なのです。



 もちろん「がんばる」って悪いことではないですよね。がんばれるってすばらしい才能です。がんばった結果、欲しいものが手に入る喜びを感じた経験がある方も多いでしょうし、がんばることで人生を輝かせている方もたくさんいらっしゃいます。



 ですが、その一方で、人生にしんどさや生きづらさを感じている方々の中にも「がんばりやさん」がたくさんいらっしゃるようです。だとすれば、人生を苦しくさせてしまう「がんばり」とは、一体何なのでしょうか。



 かくいう私も、かつて人生が苦しかった時、「がんばりすぎ」とよく言われました。そして、その度に、「いやいやいや。あれもできないし、これもできてない。がんばりすぎどころか、もっともっとがんばらないといけないくらいなのに、そんなことを言われても……」なんて思ったものでした。



 そんな私自身の経験と、カウンセラーとしてたくさんの方にお会いし、お話をお聞きしていく中でわかってきたこと。それは、人生を苦しくさせてしまう「がんばり」とは、「自分ではない他の誰かのようになろうとするがんばり」なのではないか、ということです。


「今の自分ではダメ。だから、がんばらなくちゃ」。そんな思いがあると、私たちは、知らず知らずのうちに自分ではない他の誰かを目指して、ムリをしたり、我慢をしたり、自分を抑えたりしてしまいがちです。


 自分を抑え続けていると、心はキュッと閉じていきます。心が閉じた状態では、本当はたくさんあるはずの愛情ややさしさ、手助け等が見えにくくなっていきます。



 その結果、たくさんの人たちの中にいても一人ぼっちで生きてるかのような孤独感に襲われたり、「きっと誰も助けてくれない」と、まるでまわりのみんなが敵かのような不安や怖さを感じたり、「私は何をやってもダメなヤツなんだ」と自信をなくしたり。自分の魅力まで見えなくなって、自分のことが嫌いになったり……。そんなふうにしんどくなっていってしまうのではないかと思うのです。



 だから、こんな「がんばらなくちゃ」の呪いにかかっているクライアントさんには、がんばるのをやめましょう、とお伝えしています。知らず知らずのうちにしていた我慢やムリ、自分を抑えるがんばりを、一度とことんやめてみるのです。



 とはいえ、いきなりそう言われても、いまいちピンとこないですよね。がんばるのをやめるって具体的には何をするの? そんな疑問の声も聞こえてきそうです。



 そこで本書では、4人のオトナ女子に登場してもらいながら、実際に起こりがちな「がんばりすぎケース」や、その時に試してみてもらいたい「がんばらないコツ」を楽しくご提案していきます。



 題して、うさぎ先生の「がんばらないレッスン」。



 はい。突然ですが、ゆるキャラ登場です(笑)。



 ひとたび「がんばりすぎな女性」を見つけると、急にはりきって「がんばらないレッスン」を始めちゃう。そんなうさぎ先生に出会うことで、オトナ女子たちがどう変化していくのか。楽しく読んでいただきつつ、ぜひ「がんばらなくても大丈夫」な幸せを感じてみてほしいなと思います。



 そう。「がんばらなくても大丈夫」と思えることは、実はとても安心で、あたたかな幸せに満たされることです。幸せって、がんばって手に入れるものではなくて、がんばらなくても、もともとココにあったんだなあって、そんなことも思い出していただけるんじゃないかなと思います。



 さあそろそろ、「がんばらないレッスン」で、追い立てられるようにがんばり続ける日々から卒業して、安心感に包まれながら、のびのびと自分を楽しむ人生を始めませんか?




●うさぎ先生

性別はオス♂。女性が大好きで、幸せな女性を増やすことが趣味。

基本的にはいつもグータラしているが、女性のがんばりすぎシーンを見つけると、急にやる気スイッチが入り、レッスンを始めたくなる。

見た目はゆるキャラだけど、中身は意外とイケメン。

ときどき毒舌になるけど、とっても愛にあふれたうさぎです(笑)。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
5
残り:0文字/本文:2047文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次