読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1196640
0
会社では教えてもらえない 数字を上げる人の営業・セールストークのキホン
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【18】お客様から本当のニーズを言ってもらえることはないと心得る

『会社では教えてもらえない 数字を上げる人の営業・セールストークのキホン』
[著]伊庭正康 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


◆新人が言いがちな「ニーズがないので難しい」


 商談のステップでもっとも重要なもの、それがヒアリングです。

 営業会議では「ニーズがなかったので難しいです」という会話が聞こえます。

 でも、そこに違和感を持ってほしいのです。

 正確には、ニーズは「あるもの」ではなく、「つくるもの」だからです。


 まず、前提。ヒアリングは、「ニーズをつくること」が目的だと考えてください。

 ニーズとは「○○したい」という、お客様の欲求のことを言います。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:880文字/本文:1093文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次