読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1196655
0
会社では教えてもらえない 数字を上げる人の営業・セールストークのキホン
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【31】「ピュアセールスタイム」に徹底的にこだわる

『会社では教えてもらえない 数字を上げる人の営業・セールストークのキホン』
[著]伊庭正康 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


◆ムダを省いて商談に時間をかける


 仕事の時間を次の3つに分けると、時間の使い方の改善策を検討しやすくなります。

①ピュアセールスタイム(商談、電話等、お客様との接点を持つ時間)
②付帯作業時間(移動や資料作成等、営業活動に伴う作業)
③ムダ時間(商談には影響しない作業。不要な資料作成、雑談等)


 限られた時間で結果を出すためには、「ピュアセールスタイム」の比率を高めることが絶対の法則。

 つまり、一見すると仕事に見える「付帯作業」、気休めの「ムダ時間」を減らすことに注力します。

 実際、当たり前と思っていた資料作成や訪問の移動に、〈ちょっとした工夫〉を入れるだけで、かなりピュアセールスタイムは増えるものです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1398文字/本文:1700文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次