読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1197030
0
45ポイントでわかる 図解 経営分析
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
21 現金・預金はいくらあったらよいか?

『45ポイントでわかる 図解 経営分析』
[著]石島洋一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

余裕資金にも適正な水準がある。現金・預金のもちすぎも問題


手元流動性が判断の基準


 経営分析をしていると、世間一般に評判が悪い会社、とくに倒産危険度の高いとされる会社は、ほとんどの経営分析比率が悪いことがわかります。


 しかし、そんな会社でも1つだけよい比率があります。それは、「現金預金回転率」です。


 現金・預金が少ないので回転率がよくなる、という理屈です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1129文字/本文:1306文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次