読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1197228
0
世界の美女だけが知っている本物の綺麗を手に入れる方法
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プロローグ

『世界の美女だけが知っている本物の綺麗を手に入れる方法』
[著]金ヶ江悦子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

世界の美女に仲間入り!

国際的に通用する「マイスタイル」のつくり方



 みなさん、こんにちは。金ヶ江悦子です。この度は私の2冊目の本を手に取ってくださりありがとうございます。



 私はトータルビューティーディレクターとして、女性を内側から外側から、トータルに輝かせるお手伝いをさせていただいています。


 具体的には、さまざまなイベントや講演会でお話ししたり、個人セッションやワークショップなどを通じて、ウォーキングやメイクアップ、所作に至るまで、女性の「美しくなりたい!」という気持ちに応えるべく、全国を飛び回る日々を送っています。


 そしてもうひとつ、2012年からは、ミス・インターナショナル世界大会のプロデュースや、ミスたちのコーチング、企画など、裏方のお仕事をさせていただいています。


 私自身、ミス・インターナショナルの出身ということもあって、とても愛着がある大会です。


 自分自身が候補者として表舞台に立たせていただいた経験は、私にとって大きな財産になりましたが、ミスの候補者をサポートする立場で得られる経験は、またすばらしく、あらたな体験にワクワクしながら取り組ませていただいています。


 本書では、そんな私自身の経験から、日本人女性が世界基準の美しさを手に入れる方法を、私なりにお伝えしていきたいと思っています。



 みなさんは、「世界の美女」といったら、どんな人を思い浮かべるでしょうか?


 アンジェリーナ・ジョリーのような映画女優ですか? グレース・ケリーやオードリー・ヘプバーンのような往年の映画スターですか? アジアを代表する女優のファン・ビンビンのようなエキゾチックな美女でしょうか? または健康美が魅力的なミランダ・カーのようなスーパーモデルですか?


 もう名前を列挙しただけで彼女たちの華やかな容姿が脳裏に浮かんで、それはそれは神々しいばかりですよね。好みは人それぞれあると思いますが、一人ひとりの方に、その人だけがもつ、唯一無二の魅力があります。


 たとえば、アンジェリーナ・ジョリーはミステリアスな瞳と肉感的な唇がセクシーな現代を代表する華やかなハリウッド女優だと思いますが、6人の子どもを育てる家庭人というギャップも魅力的です。


 オードリー・ヘプバーンを思うと、「永遠の妖精」といわれる清楚で可憐な容姿だけでなく、晩年はユニセフの活動にすべてを捧げた献身的で優しい人柄を思い浮かべます。


 何がいいたいかというと、美しい女性を思い浮かべたとき、私たちはその容姿の美しさだけに魅了されているのではなく、彼女たちから滲み出る人柄や内面の豊かさにも引きつけられていると思うのです。



 このことは、世界のミスコンテストの各国代表者たちにもあてはまります。


 彼女たちは、本国で1位に輝くと、世界大会に向けてメイクアップ、身のこなし、ファッションセンス、話し方、歩き方などのテクニックを学び、自分が最高に美しく見えるよう磨きに磨きをかけていきます。


 世界一の美女の座を決める大会に出るのですから、それは当然のように、どの国の代表もしていることです。


 では、美女ぞろいの仲間から一歩抜きんでて、冠を自らの頭上に輝かせるためには、どうしたらいいと思いますか?


 そのためには、なんといっても内面の充実がかかせません!



 私は自分自身の体験と、ミスたちを裏方でサポートする経験を経て、世界基準の美しさにはマインドの豊かさが一番大切だと気がつきました。


 自分としっかり向き合った結果得られる自信が、彼女たちをよりいっそう輝かせているのだなと確信するようになったのです。


 内面が充実した女性は、舞台を降り、ドレスからジーンズに着がえ、素顔に戻ったとしても、輝きが失われることはありません。そう、その人だけの、多面的でオリジナルな美しさをもっているのです。


 一言でいえば、世界基準の美女に不可欠なもの、それは誰とも比べようのない「マイスタイル」をもっているかどうかです。


「世界的なミスコンのファイナリストになるような女性たちのことをいわれても……」と思うかもしれませんが、どのミスたちもはじめから、内面まで出来上がっていたわけではありませんから、安心してくださいね。


 確かに、私たち日本人は、南米や欧米の女性たちの彫りの深い顔立ちや、メリハリのある体つきに比べたら、第一印象のインパクトにかけるかもしれません。でも、そういった肉体的な魅力がすべてではないということです。


 とくに私はいい例かもしれません。私がミス・インターナショナル日本代表の冠をいただいたのは2度目の挑戦をしたとき。2年越しで、世界大会に出場することができましたが、1度目は、当時お世話になっていた所属事務所のすすめということもあり、それなりの準備はしたものの、自分と真摯に向き合うことまではしていませんでした。


 1度目と2度目で、何が一番違ったかといえば、それは明らかにマインドです。たとえば容姿だけを美しく仕上げたとしても、内側から滲み出るその人本来の人柄や知性、品性、物事に対する考え方といったものが「素敵だな」と思えなかったら、やはり魅力的な人とは思われないでしょう。



 どんな女性にも、内側を掘り下げていくと出会える宝石のような自分がいます。きちんと自分自身や自分の理想と向き合っていくことで、自分だけの個性に出会えたり、人としても深みが増し、本来もっている魅力が開花しはじめます。それは他の人がいくら望んでも手に入らない世界でたったひとつの、あなただけの宝石です。もしあなたが今の自分に自信をもてないでいるとしたら、まだ、それに気づいていないだけのこと。



 今回は、光栄にもミス・インターナショナルの世界の代表たちの協力を得ることができ、世界の美女になるための秘訣を内側から外側から、あますところなくお伝えします。


 日々イキイキと輝いて、自分だけの魅力を開花させたいと願うすべての女性の方へ、さあ、あなただけのマイスタイルを見つけにいきましょう!

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2448文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次