読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1197261
0
エンターテックブック クラブカルチャーの未来と風営法改正 法改正から生まれた夜の価値
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
立法、行政、司法を動かすためにどんなロビイングを行ったか

『エンターテックブック クラブカルチャーの未来と風営法改正 法改正から生まれた夜の価値』
[著]齋藤貴弘 [著] 山口哲一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 そこでこの16万の署名を活かすのであれば、「ロビイング」が重要になってくるのです。そこで弁護士としての経験値がたぶん生きたのだと思います。


 弁護士は普段から多種多様な相手に様々な交渉をしますが、やはりそこでの交渉術のようなものがいろいろとあってそれを試みました。



 法律変えるアプローチとして行政が主導する議員立法、議員が主導する閣法の2パターンがあります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:971文字/本文:1150文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次