読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1197262
0
エンターテックブック クラブカルチャーの未来と風営法改正 法改正から生まれた夜の価値
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
正義を掲げるのみで日本社会を変えるのは困難

『エンターテックブック クラブカルチャーの未来と風営法改正 法改正から生まれた夜の価値』
[著]齋藤貴弘 [著] 山口哲一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

(山口)日本の社会って、矛盾した構造をいろいろと内包しているけれど、この話も変ですよね。警察が「法律は俺たちに変えさせろ。議員立法をさせるな」って言ってくるって。だって、国会は立法機関で、議員は法律作るために選挙で選ばれているのだから。



 でも、そういうメンツ論とか縄張り論みたいなものがあるわけですよね、現実に。


 永田町とか霞が関の論理で、お互い持ちつ持たれつみたいな。そういうやりとりを国会も、役所もしているわけですよね。その仕組みの下部構造としては、業界団体というものがあって。



 日本って何か問題があると、立場の違う人同士がまず業界を団体つくってください、で、役所が行司やりますと。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1737文字/本文:2030文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次