読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1197270
0
エンターテックブック クラブカルチャーの未来と風営法改正 法改正から生まれた夜の価値
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
法律がハードとソフトを固定化してしまっている日本

『エンターテックブック クラブカルチャーの未来と風営法改正 法改正から生まれた夜の価値』
[著]齋藤貴弘 [著] 山口哲一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

(齋藤)物や場所を共有する仕組みであるシェアリングエコノミーのひとつとして、民泊(一般の家屋を旅行者に貸し出すこと)が今話題ですね。


(山口)シェアリングエコノミーにも仕事で携わっているのですか?


(齋藤)はい。大きな構造としては、今まで宿泊のサービスは、事業者から消費者に与えられるもの、つまりB to Cだったわけです。それが民泊になると消費者から消費者へ、つまりC to Cになります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:683文字/本文:877文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次