読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1197379
0
いますぐ人生をひらこう 正しく生きるヒント
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
文庫版のためのまえがき

『いますぐ人生をひらこう 正しく生きるヒント』
[著]船井幸雄 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 本書の親本(新書判ハードカバー)の原稿は、いまから一年半ほど前、九七年(平成九年)の秋に書きました。去年(九八年)一月にその本が発刊されたときは、「わかりやすく、実践しやすく解説されている」と、二十代を中心に十五~四十歳の方々から好評を得、いまなお多くの読者から手紙をいただいたりします。


 ところで、本書の原稿を書いてから一年半ほどの間に多くのことがわかりました。


 その中のいくつかを述べますと、不正常なものを正常化させるエネルギーがあり、それは微細エネルギーのようだ(佐々木茂美著『「見えないもの」を科学する』サンマーク出版)、正しい環境下では競争は発生しないようだ(拙著『人間のあり方』PHP研究所)、世の中は、いま急速によい方向に変りつつある(拙著『人の道』ビジネス社)、世の中の構造がわかってきた。「あの世」が実存の世界であり、「この世」は投影の世界と考えたほうが合理的だ(森田健著『不思議の科学』同朋舎)などですが、基本的にいえば、「人の生き方、特に“よい思い”で生きることがもっとも大事だ」ということになります。


 それとともに、「人生は愉しく生きるべきだ」ということもわかってきました。


 それらにつきましては、拙著では『躾』(九八年七月、ビジネス社)、『ツキを呼ぶ心と身体の癒し方』(九八年七月、経済界)、『船井幸雄の人生の愉しみ方』(九九年二月、大和出版)などに詳述していますので興味のある方は御一読ください。



 さて、本書の題名である『いますぐ人生をひらこう』というのは、いまの私の知識でまとめますと、「よい思いで生きることができるようになること」といっていいようです。


 そのためには、人間性を向上させ人材になればよいことがわかってきました。


 そのポイントを、まずここで簡単に述べておきます。


 人間性を向上させるには、長所を伸ばすこと、人に好かれるくせづけ=躾を身につけること(具体的には自慢しない、約束を守る、不平・不満・悪口をいわない……などのくせをつけるとよい)、ほんものの生き方を志す(具体的にはなるべくムダをしない、なるべくなんでも好きになる、なるべくこだわらないようにする、良心にしたがう)とよいようです。


 また人は、人間性が向上するにしたがい、否定や批判が減り、きらいなことが少なくなり、不平不満が減り、こだわりが減り、差別や区別をしなくなり、他人を脅したり、心配させなくなり、悪口をいわなくなり、自慢しなくなり、約束が守れ、自他の長所に目がいき、それをのばしたくなるようです。


 それとともに、人材になっていきます。


 一般に人材には七要件があるといわれています。それは、自分にプライドを持っている、自分の所属するところへのロイヤリティがある、謙虚で誠実である、自主性があり責任のがれをしない、勤勉である、互助の精神に富み、できるだけ信頼しようとこころみる……の七つです。


 このようになってくると、「人生をひらくこと」ができ、常に「よい思い」で生きられるようなのです。以上は私のここ一年半の研究の総まとめです。


 私は、これを「ほんものの生き方をする」といっていますが、いま「ほんものの生き方」を目ざす人が急増しています。うれしいことです。それらにつきましては、前述の拙著『人の道』をご一読ください。



 新書判ハードカバーを発刊してから一年余りということもあり、この文庫判の内容には、ほとんど手を加えませんでした。


 本書をお読みのうえ、ここで紹介しました本などを参照していただき、人材になることを目ざし、常に「よい思い」で生きることをぜひお願いします。そして人生を愉しんでください。


 きょうは一九九九年二月十三日、東京は寒く風が強いのですが、空には雲一つなく日本晴れです。澄み渡っています。


 本書の読者の心が澄み渡ることを祈り、「文庫版のためのまえがき」のペンをおきます。



 一九九九年二月十三日

東京・高輪の自宅書斎で  

船井幸雄 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1651文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次