読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1197387
0
いますぐ人生をひらこう 正しく生きるヒント
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
終章 元気の源は自分自身

『いますぐ人生をひらこう 正しく生きるヒント』
[著]船井幸雄 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  ──ワクワク人生のすすめ



1 あなたの陽気が元気をつれてくる



個人が元気、家庭が元気、周囲が元気


 人間というものは、自分の気持ちに正直なものです。不平、不満の日々を送っていたならば、陰気になってきて、身体さえストレスで毒してしまいます。それをもし、自分の天命を見つけて、責任とリスクをもって実践するようになりますと、毎日が楽しくなってきます。充実するようになってきます。そうすると、自ずとあなたが陽気になってくるのも、当然です。


 周囲に与える影響もそうです。陰気な人の周りには、陰気がただよい、不活発になっていきます。陽気な人の周りには、陽気が蔓延し出して、活発になっていきます。もちろん、性格的に底抜けに明るいというわけではない人も、充実した生き方をしていれば、その人の周りには、活動的な陽の気が(みなぎ)った雰囲気がただよってくるはずです。


 ですから、企業のトップは陽気でなくてはなりません。弱音を吐く人では、その会社は成長していきません。力強さが漲った雰囲気とか、楽天的に明るいことが上に立つ人には求められるのです。もし、そのトップが、これが自分の天命と自覚して責任とリスクをもってあたっているならば、当然そのようになっているはずです。一時的に苦しい時代があったとしても、それに負けまいと気持ちが高揚しているはずです。


 これは、組織の部門の長にも言えることです。部門の長が陽気な部署はやはり元気がいいですし、少々の困難でも切り抜けていく勢いをもっています。


 家庭でもそうでしょう。旦那さんが陽気なところは、奥さんも元気で前向きのようです。その反対もあるかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3738文字/本文:4426文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次