読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1198203
0
子どもが育つ魔法の言葉
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

『子どもが育つ魔法の言葉』
[著]ドロシー・ロー・ノルト [著] レイチャル・ハリス [訳]石井千春 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 わたしたちは、人を愛するとき、人生の真の喜びを感じます。愛ほど、強く大きな力はありません。人を愛し、愛されることは、人間にとって一番大切なことです。親に惜しみなく愛された子は、すくすくと育ちます。親の愛は、子どもにとって、成長に欠かせない土壌です。同時に、伸びてゆく方向を決める陽の光であり、欠くことのできない水でもあるのです。


 子どもは生まれた瞬間から、いえ、胎内にいるときからすでに親の愛を必要としています。生まれたばかりの赤ちゃんは、親の愛情がなければ生きてゆけません。親の胸に抱かれ、あたたかい(まな)()しを注がれて、子どもは親が自分を愛してくれていることを感じるのです。子どもは、どんなに大きくなっても、常に親の愛を必要としています。親は、そんな子どもに、愛しているということを態度で示してあげましょう。子どもを愛するということは、子どもの全存在を認めるということなのです。


 愛が必要なのは、もちろん子どもだけではありません。愛は、人間の根源的な欲求であり、わたしたちは大人になってからも、人のぬくもりや心の触れ合いを求めつづけます。わたしたち人間は皆、自分を丸ごと受け入れてくれる誰かを必要としているのです。


 愛情は、言葉や態度に表れます。子どもはそれを敏感に感じ取るものです。口先だけで「愛している」と言ってもだめなのです。わたしは、子育て教室で、親御さんたちに、愛は三つの柱で支えられているのだとお話しします。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3265文字/本文:3883文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次