読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1198358
0
逆境? それ、チャンスだよ 挫けそうになっているキミに贈る47の言葉
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
012 一歩が踏み出せないでいるキミへ

『逆境? それ、チャンスだよ 挫けそうになっているキミに贈る47の言葉』
[著]長州力 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

今しかないぞ、

俺たちがやるのは!




 みなさんだって、上の世代がいつまでも幅を利かせてりゃ同世代のヤツにハッパかけたくなるでしょ。これもそうで歯がゆさから出た言葉ですね。


 何年も前から世代交代を訴えているのにまだまだ馬場・猪木という壁を突き崩せないでいるという。だから横に並んでいる連中(藤波・鶴田・天龍たち)に対して言ったんです。


 いつまでも上にオンブにダッコじゃダメだってね。世代交代とか言いながら、やっぱりどこか馬場さん、猪木さんに頼っていた部分ってあったと思うんですよ。



 ぬるま湯につかっている状態というか、うまく回っているんだから、なにも今、わざわざリスクを冒してまで動かなくてもいいじゃないか、っていうのが自分も含めて心の片隅にあったんじゃないですかね。でもそのほうが無難だから、それでいいって思っていたら世代交代なんてできないじゃないかって僕はそう思うんです。



 みなさんの世界でもそうじゃないですか。普段、仕事をしていて何か決断を迫られるときに、ついつい無難なほうを選ぶってこと。今が悪くないんだから、あえて責任を背負って、危険を冒してまで新しいことを始めなくてもっていう……。



 大きな決断じゃなくてもいいや。そう、昼飯を何にするか、決めるときでもいい、無難なほうを選ぶってあるでしょう。でも、そういうのって安心だけどつまんないって思いますね。


 昼飯で言えばね、僕だったら地方に行ったときなんかファミレスじゃなくて、入ったこともない小汚い定食屋を選びますよ。


 たしかにファミレスはどこへ行っても味が保証されているから安心感がある。でも定食屋は何が出てくるかわかんない。もしかしたら腹を壊すようなものが出てくるかもしれない。


 ところがたまにムチャクチャ旨い魚の煮付けとか出てくるときがある。そういうほうが楽しいと思うんですよね。腹壊したって自分の責任でしょ。



 仕事の決断でもね、迷ったら、自分に責任がのしかかるほうを選んでやってみればいいと思いますよ。


 そりゃ、これまでリスクなしでやってきたことを変えるには勇気もいるでしょうけどね、少しでも「このまま安心していちゃダメだ」という思いがあるんなら変えようとすればいいんじゃないですかね。



 特に上司とかにおんぶに抱っこしている現状だったらね、自分たちで変えようとしなきゃ何も変わんないですから。上司に任せておけば自分たちに責任はないかもしれない。リスクはゼロですよ。でも先伸ばししていたら貴重な時間は確実に失われていくでしょう。あの頃はそういう焦りがありましたね。


「今でしょ!」っていう予備校の先生がいましたけど、本当にそうだと思いますね。よく「明日から本気出す」ってヤツがいるけど、今日できないことがなんで明日からできますか。


 昨日に戻ることができないんなら、やるのはいつでも今しかない、これはこれまで体験してきたことからの実感ですね。今、まず一歩を踏み出しちゃえばいいんだと思いますよ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1223文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次