読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1198461
0
そこそこやるか、そこまでやるか(毎日新聞出版) パナソニック専務から高校野球監督になった男のリーダー論
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
戦わずして勝つ〜先んずれば、こころ通ず〜

『そこそこやるか、そこまでやるか(毎日新聞出版) パナソニック専務から高校野球監督になった男のリーダー論』
[著]鍛治舍巧 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「いちばんの理由は、3年前ボクの世界での可能性をいちばん早く認めてくれたのがパナソニックだったから」


 集まったメディア関係者からの第一問、「Why Panasonic!?」。なぜパナソニックと契約したのですか!? に対するネイマールJr.のことばだった。




 人事部門で29年間勤務した後、本社広報に異動し、広報部長を経て、パナソニックブランドの世界発信を取りまとめる、宣伝・広報担当役員に就任。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1154文字/本文:1350文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次