読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1199529
0
大阪のおばちゃん力5+1
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おまけ 「大阪のおばちゃん力」検定

『大阪のおばちゃん力5+1』
[著]前垣和義 [発行]すばる舎


読了目安時間:22分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


穴埋めクイズにチャレンジ!


 最後におまけ。

 《大阪のおばちゃん力検定》をご用意した。


 これまでをお読みいただき、大阪のおばちゃんの「感覚」「スピリッツ」をマスターなさったはず。

 その度合いを計ってほしい。


 おばちゃんの言動をとらえた文の一部分を空白にしている(□のマスひとつでかなひとつ。たとえば、大阪名物「たこやき」なら□□□□)。


 大阪のおばちゃんを連想しながら、どんな言葉を入れるのがベストかをお考えいただきたい。

 なお、「大阪のおばちゃん力」の感覚認知度は次のとおり。


 正解数が5個以下の人は「まだまだ見習いレベル」、6〜12個で「初級レベル」、1319個で「中級レベル」、2022個で「上級レベル」、23個以上で「免許皆伝マスターレベル」です。


 【おことわり】


 ・頭をやらこうして(柔らかくして)楽しみながら解くのがコツです。


 ・解けなくても、落ち込む必要はまったくありません。

 そんなことでシュンとしていれば、おばちゃんから「しっかりしぃ!」と励ましの雷が落ちることになります。


問題

(問題1)


 大阪のおばちゃんは、子どもを叱るとき、次のように言うことがある。

 「どの□□が言うてますんや」


 ――さて、□□に入るのは?


 親が子どもを叱るのは「しつけ」だが、近ごろは「しつけ」の意味を取りちがえている親もいる。

 公共の場で、しつけのなってない子どもがもとでトラブルになってしまう例も日常茶飯事。


 たしかに、甘いばっかりの親が増えているのも事実だ。


 ことほどさように他人の子どもを叱るのがむずかしい時代だが、大阪では、ちゃんと怒ることができるおばちゃんを目にすることが多い。


 しかも、怒っていながらも、その子どもに逃げ道をつくってあげる絶妙の言い方をする。


 上の問題の「どの□□が……」もその例で、ここにフトコロの深い愛情が読みとれる。

 「そんなことしてへん(していない)」と口答えをした子に、おばちゃんが打ち返すセリフである。


 漢字では1字で表せる。


(解答と解説)


 くち(口)


 大阪では日常、「どの口が言うてますんや?」というような言い方をする。


 相手を叱るときに用いる言葉で、たとえば口答えをされたときには、「そんなことを、どの口が言いましたんや?」と言っては、「この口か?」と、相手の口をひねるのだ。


 「口答えをしな(するな)」「生意気なことを言いな(言うな)」「黙り(黙れ)」といった直接的な叱り方よりも、「どの口が」のほうが人間的なあたたかみがある。


 感情を爆発させた怒りの言葉は、相手の心に深く突き刺さる。

 しかし、「どの口が」だと、言葉にカーブがかかったぶん、逃げ道がつくられる。


 しかも、なにが悪いのかを子どもに考えさせる効果も出てくる。

 おばちゃんのやさしさの一面だ。


 このようにワンクッションを置くことで冷静になれる。

 なかなかよくできた叱り方ではないだろうか。

(問題2)


 大阪のおばちゃんがケータイを目にして一言、

 「□□□□□が立っている」


 ――さて、□□□□□に入るのは?


 携帯電話やパソコンなどが急スピードで発達したから、それに置いてきぼりをくらう年配者が続出している。

 それにともなって、とんでもないまちがいや勘ちがいをしでかし、笑い話になることも……。


 大阪のおばちゃんにこのテの話はつきものである。


 パソコンを使いはじめたのはいいが、「どんなパソコンをお使いですか?」とたずねられて、「四角いやつ」と身ぶりで四角のカタチをつくることも。


 さて、上の問題のおばちゃんは、ケータイの画面に、なにが立っていると言ったのか。


 漢字なら2字で表せる。

(解答と解説)


 でんちゅう(電柱)


 ケータイ画面の「電波状態表示」も、おばちゃんにかかれば「電柱」の語になる。


 「ケータイの電柱が、1本しか立っとらん(立っていない)」と、人前で、しかも大声で叫ばれた場合などは、思わず他人のふりをしたくなる。


 もし、同様のボケをおっちゃん、もしくは社長が言ったときは、「との! でんちゅう(殿中)でござる」と羽交い締めにしたくもなるものだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9167文字/本文:10846文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次