読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1199780
0
電子出版の未来図
2
0
0
0
0
0
0
コンピュータ関連
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 電子出版元年の到来

『電子出版の未来図』
[著]立入勝義 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 二〇一〇年は「電子出版元年」と言われ、日本ではまさに蜂の巣をつついたような騒ぎが続いた。これまでに、様々な議論が巻き起こり、すでに多くの電子出版ビジネスがスタートアップした。この現象は「電子出版革命」、とか「黒船現象」と言われている。しかし、革命と呼ばれるほどの変革について、その意味とその未来について理解できている日本人がどれだけいるだろうか?

 筆者は主にITやビジネスコンサルティング、あるいは翻訳などの仕事を生業として北米に在住しながら年に七、八回日本に出張するという生活を過去数年間続けてきているが、海外から見た昨今の日本の現状については、歯がゆい思いをさせられることが非常に多い。


 最近の最たる例は、アップルが出したiPhone(アイフォーン)だった。アメリカから始まり世界でものすごい売れ行きを見せたこの端末が日本で普及しないはずがなかったが、発売当初は否定的な意見ばかりだった。しかし、結果的にはSMAPをCMに起用したソフトバンクの広告戦略が見事に当たり、シェアを大きく伸ばし始めた。

 筆者もiPhoneの愛用者だが、この端末はスマートフォンと言われることはあってもまだまだ電話端末としては使いづらく、もっぱらセカンドフォンとして利用している。つまり、どこにでもつながるPDA(携帯用情報端末)の進化版として、である。

 この観点からみると、iPhoneはすばらしい。ネット接続は快適だし、日本語対応もまったく問題ない。またiTunes(ITS)上のアプリストアであるApp Storeには無数のアプリが並んでおり、しのぎを削っている。必然良質なものも多くなり、筆者の端末上の画面はすでにマックス・アウト(maxed out)してしまっていて、少しでも良いものが出るとそれを使えないアプリと置き換える、というような状況になっている。このアプリの多さがiPhoneの人気を支えているのは紛れもない事実だ。

 しかし、戦後六〇年以上が経つというのにまっとうな国際感覚がいまだに持てていない日本のメーカーや開発会社の多くはこの波に乗り切れず、出足が遅くなったばかりに先行者利益を享受する海外の競合他社に対して日本人特有の持ち味を発揮できず、まったく優位性を出せずにいる。


 本書中で詳しく説明するが、これらの現象は電子出版においても同じように起きており、またしても日本が世界の後進国になってしまいつつあるのが、海外にいるとよく見える。筆者が本書を執筆するにいたった経緯のなかで最も大きい原因が、この歯がゆさだった。

 とは言いながら執筆を思いついた二〇〇九年の夏ごろの時点では、「なぜ電子出版の本を電子ではなく紙媒体で出すのか?」という、いわば自家撞着的な矛盾に明確な答えを出すことができなかった。そのため、それをそのまま紙媒体ではなく、まずはブログにして記事を書き溜めていこうと思った。それが、筆者が本格的にスタートさせた“意力ブログ”(いちからブログ)であった。

 当初、反響はいまいちだったが、二〇〇九年九月にアマゾンがKindle(キンドル)の国際版(Kindle2)を日本に出荷し始めると、それに応じるようにブログのアクセスもうなぎのぼりに向上し始めた。まさしくそれは、日本で電子出版が話題に上るのと軌を一つにしていた。


 そして二〇一〇年、冒頭に記したように、「電子出版元年」が幕を開けたのである。

 この「電子出版元年」を象徴する出来事が、二〇一〇年二月に、日本の大手出版社による連合、すなわち「日本電子書籍出版社協会」の立ち上げである。この動きを筆者は海の向こうから大いに期待しながら見ていたが、結果は予想に反するものだった。

 そもそもが大局観をつかめておらず、IT市場に対するリテラシーが低いもの同士である。そのうえ、本来利益が相反する企業同士が集まっているため、なんら斬新な方策を打ち出せない。すでにでき上がってしまっているパワーバランスがそのまま持ち越されたうえに、結局はみな同じ既存の人気作家を囲い込もうとする思惑が見え隠れして、まともな論議には発展せず、「日本独自のフォーマットを」などと、さながら幕末の鎖国論のような展開になった。そして、ついには村上龍氏のような人気作家に出版社を通さないかたちで電子出版されてしまった。

 これには、本当にがっかりさせられた。これではアマゾンやアップルといったグローバルスケールの先進企業が打ち出すマーケティング戦略に、まったく立ち向かえそうもないのではないか。まさに、日本では「電子出版バカの壁」とも言うべき現象が起こっているように思えてならなかった。


 この本は、二〇〇九年の春から、アメリカで電子出版事業に取り組み続けてきた経験とハード屋とITのバックグラウンドを持つ筆者の市場分析に基づいて書かれている。

 結果としてはかなり辛口の本になってしまったが、電子出版という「黒船」の存在を見て見ぬ振りをするよりは、早い段階で目を覚ましてもらったほうがいいだろうという思いで、あえて苦言を書かせてもらった。

 特に今回の黒船は幕末時のように一国から来るものではない。アップル、アマゾン、グーグル、マイクロソフト、アドビ……といったハードとソフトの境を超えて、世界のIT業界を牛耳る超大企業の集団である。日本からもいよいよソニーやシャープといった企業が先陣を切りつつあるものの、海外の競合大手に対峙しうるほどの明確な方向性をまだ打ち出せておらず、このままでは迎撃どころか簡単に地上戦に持ち込まれてしまい、おいしいところを全部持っていかれて終わりそうだ。


 そんな現状を正しく理解して、手遅れになる前に(まだそうではないと信じたい)しかるべき武器で世界に打って出るための戦略を練る指針となれば幸いである。実は現在、日本の電子出版市場はアメリカより市場規模が大きい。しかし、そのほとんどがケータイコミックという著しく偏った市場となっている。一方世界最大の電子書店であるアマゾンのキンドルストアでは、すでに電子ブックにおいてのミリオンセラー作家が二人も誕生している。この違いは今後どうなっていくのだろうか。

 果たしてこの市場で、アメリカのように一般書籍の市場が確立されていくのか? 電子書籍が紙の書籍を凌駕する時代がすぐにでもやってくるのか?

 この問いに対する答を出すには、まずは電子書籍、電子出版を正しく理解し、日本の電子出版を世界に向かって「開国」することが必要だ。


 二〇一〇年一二月
立 入 勝 義 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2674文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次