読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1200998
0
100歳のほんとうの幸福
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
人がたくさん訪れる我が家。気心の知れた仲間との交流が、新たな出会いを生んでくれます。

『100歳のほんとうの幸福』
[著]吉沢久子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

〓人との楽しい交流が、ひとりの時間を充実させる


 気がつけば、私は100歳になりました。25歳のときは四半世紀、50歳のときは半世紀生きたなどと自分を茶化しながら驚いていたものですが、ついに今年1世紀の節目を迎えることとなりました。


 その長い年月を振り返ると、私の人生は実にたくさんの人たちで(いろど)られてきたのだなと感じます。家事評論家として「家の中」に焦点を当て続けてきましたが、やはりそこにあふれていたのは「人」との出会いでした。



 66歳のときに夫に先立たれ、以来ずっと私はひとり暮らしです。100歳になってもひとりで暮らしているなんて言うと、人嫌いなのかと思われるときもありますが、実際はその反対。人が大好きで、人との楽しい交流があるからこそ、自分ひとりの時間を存分に享受できるのです。


 そして矛盾しているようですが、ひとりの生活を楽しんでいる私の家には、自然とたくさんの人が集まってきます。自分にとって気持ちの良い空間を目指し、自分の胸が高鳴るものたちをそろえた我が家。やはりそれは、私ひとりだけでなく、多くの人にとっても心地よい空間になっているようです。


〓「むれの会」が(はぐく)む人の輪


 夫から引き継いだもののなかに「むれの会」という勉強会があります。十数人のメンバーが毎月異なるテーマについて研究し、それをみんなの前で発表し合う会で、夫の時代から実に40年以上も続いています。


 メンバーもテーマも多種多様。知的好奇心の強い作家や主婦、会社員などさまざまな方々が、自分の仕事や生活とは直接関係のないテーマについて学び、互いに語り合っています。


 そこには必ず新たな発見があり、私はいつも刺激を受けています。ひとりきりで過ごしていたら、決して感じることのない探求心を仲間からもらっているのです。



 これもすべて、夫が始めてくれた会のおかげ。


 彼のもとに人が集まり、彼のそばにいた私のもとにも人が集まる。人が人を呼ぶ空間。それが心を、そして人生そのものを豊かにしてくれているのだと思います。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:848文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次