読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1201160
0
[平井信義子育て教室] 「わかってほしいの」おかあさん わが子の“心の叫び”が聞こえますか
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
登校拒否は子どもの「異議申し立て」──【1】

『[平井信義子育て教室] 「わかってほしいの」おかあさん わが子の“心の叫び”が聞こえますか』
[著]平井信義 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 登校拒否と言っても、大別すれば思春期以前の子どもと思春期以後の子ども、つまり、小学生と中学、高校生の場合に分けられます。しかし、登校拒否とからだの発育の状態(たとえば二次性徴の発現)とは関係ありません。思春期の区分は学会でもはっきりしていませんが、私は小学校五、六年生を思春期に入れて考えています。


 思春期前と後の登校拒否との大きな違いは、一つに、小学生の場合には何とか力ずくで登校させることができても、ある程度以上の年齢になると、からだが大きくなるので、それがまったく不可能となることです。思春期以後の子どもは、親や教師の力ではどうにもならない、というのが現状です。


 二つめの違いは、とくに小学校低学年の子どものなかには、学校はどうしても行かなければならないところだという義務感の弱い子どもがいること、そして一、二年生ではその数が少なくないことです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2901文字/本文:3278文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次