読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1201998
0
斎藤一人 モテモテ道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第4章 モテる人にどんどん変わる「行動」の秘密

『斎藤一人 モテモテ道』
[著]宮本真由美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:30分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


モテるための準備運動!


 この本を読んで実際にやってみようと思う時、だれでもはじめはドキドキするし、勇気がいりますよね。だからまず、準備運動をしましょう!

 何をするか? 「(きあい)」を入れるんです!
「やってやれないわけがない! やらずにできるわけがない!!

 この言葉を大きい声で言ってください。

 下腹にグッと力が入って、全身に気愛が入ります。普通、「気合」と書きますが、一人さん流の「きあい」は()持ちに()を入れること。だから、いくら気愛を入れても疲れることがないのです。バンバン自分に気愛を入れて、行動すればいいんです。

「メイクしたってあまり変わらないから」とか、「仕事はこの程度でいいかな」とか、気愛を入れずにやっていて、絶対にうまくいくはずなんてないのです。
「それはむずかしいですね」「お金がないから」「時間がないから」、こんな風に理屈ばっかり言って行動しない人のことを、「やる気のなさがみなぎっている人」といいます(笑)。

 この人を落とすぞと思ったら、ステキな洋服をえらんだり、勝負パンツをはいたり、メイクもつけまつ毛をつけたり、気愛を入れて「よしがんばるぞっ」とのぞむのです。絶対に気愛を入れて行動したほうがモテるのです。

 一人さんのところに相談しに来る人のなかに、こうしたらいいよとせっかく教えてもらっているのに、「いや、それはできないです」と口答えする人がいます(笑)。それなら相談しなければいいですよね。

 それよりも、「はい、わかりました。やってみます!」と言ったほうがいい。また次に一人さんに会った時には「一人さんのおかげで、こんな風にうまくいっています」と答えたら、また応援しようと思いますよね。

 女性にモテない、男性にモテない、たいがいのことがうまくいかないのは、「気愛が足りない」からです。

 自分を気愛でみなぎらせると、絶大な効果がありますよ!

モテモテになるワンポイント 
まず気愛を入れる! バンバン気愛を入れればうまくいく! 


モテる人、モテない人、どこが違う?


 モテない人って、明らかにモテないことをしているのです。

 たとえばどんなことだと思いますか?

 それはね、ぜんぶです。身なり、話す言葉、立ち居振る舞い……、もうすべてなのです(笑)。


 逆にモテる人は、明らかにこれはモテるなというところがいっぱいある。「なんでこの人がモテるんだろう?」と思うような人でも、よく見ると絶対にモテるポイントがちゃんとあるんです。人に話しかける言葉がやさしかったり、さりげない気遣いができたり、オシャレが上手かったり、笑顔がステキだったり、話がおもしろかったり。

 だから、自分との違いを冷静によく見たほうがいいですよね。自分で見てわからなければ、まわりの人に聞く。すると、「えっ!? なんでわからないの?」と思われてしまうぐらい、まわりの人はわかっているでしょう(笑)。


 モテる人の秘訣がわからないのは、結局、あなたがそれを認めたくないからなんですよね。うらやましかったり、嫉妬(しつと)していたり、その人のことを素直に見ようとしていないんです。でもね、それって、とってももったいないことです。モテる人のいいところを見て素直にマネしたほうが、確実にあなたもモテるようになるんです!!

 モテる人を冷静に見て、変える。

 だいたいは、「見た目」と「言葉」です。だって、そこしか見えないのですから。

モテモテになるワンポイント 
モテる人のいいところを認めて、自分を変えよう! 


モテないのはだれのせい?


 一人さんは中学時代の同級生からこんなことを言われたことがあるそうです。
「斎藤、お前モテすぎだぞ。お前があんまりにもモテるからオレたちに彼女ができないんだ!」

 一人さんは笑いながらこう言ったそうです。「お前がモテないのはお前の問題で、オレがモテることとは関係ない(笑)」。

 友だちがモテるのは友だちに魅力があるからです。自分が友だちのようにモテるためには、自らがんばって自分をステキに磨かないかぎり、モテるはずないですよね。

「もう年だから」「収入が低いから」「仕事が忙しいから」「田舎に住んでいるから」「片親だから」「親の介護をしているから」というように自分がモテないことを人のせいにしたり、年齢や職業など、何かのせいにしたりする人がいます。

 でもね、何かのせいにするのは、あなた自身の魅力が、その条件に負けてしまっているということ。それ自体、本当はおかしくないですか!?

 考えてみてください。

 あなたの大好きな芸能人がすごい田舎で焼き鳥屋をやっていたとしたら、どんなところへでも食べに行きますよね。

 人はステキな人のところへは、どこへだって会いに行くのです。

 親の介護でたいへんでも、いつも笑顔がステキな気遣いのできる女性だったら、「あなたの親も含めて面倒を見ます」という男性が出てきます。

 過疎(かそ)の村で農家をしている男性のところにも、本人が楽しく一生懸命働いていたら、「(とつ)いで私も一緒に働きたい」という女性が出てきます。

 何かのせいにして自分から目をそむけては、絶対にダメなのです。モテ度を上げるには、「自分を磨く」以外に方法はないのです。

モテモテになるワンポイント 
何かのせいにせず、自分を磨く! 


モテモテになりたいのなら、いい人を演じよう!


 モテたいなら、いい人を演じてください。だれに対しても同じように、ニコニコ笑顔で、やさしい言葉をかけていたら、だれからも好かれるいい人になれます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:12600文字/本文:14860文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次