読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1201999
0
斎藤一人 モテモテ道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第5章 モテモテ人生に大逆転する「考え方」の秘密

『斎藤一人 モテモテ道』
[著]宮本真由美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:26分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


しあわせの限界をつくらない!


 さて、あなたはどんな人と結婚したいですか?
「年収五〇〇万円ぐらいある男性だったらいいかな」
「安定している職業の男性がいい」
「あまりお金を使わない、地味で清楚な女性がいい」

 この言葉の裏には、現実的に考えて、「年収の高い人は少ないから、五〇〇万円ぐらいで手を打つか」とか、「不景気でリストラされるのが心配だから、安定した職業の人がいいわ」とか、しあわせの限界を自ら(せば)めている思いが隠れているんです。

 でも、願ったことがなんでも叶うとしたら、どうですか?
「ジョージ・クルーニーと結婚したい!」
「ステキな女性と結婚して、どこかの国の王様みたいにハーレム状態で、二〇〇〇人くらい彼女が欲しい!!

 こんな風に、しあわせの限界がぐーんと広がるのではないでしょうか(笑)。

 せっかくこの本を読んでくれて、子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで、男性も女性も関係なくモテモテな一人さんのモテる考え方を学んでいるんですから、そのくらい自分のしあわせの限界を広げてほしいんです!

 自分にはとてもムリとか、身の丈に合わないとか「しあわせの限界」を勝手に決めてしまうのなら、この本を読む必要はありません。だって、アクセルを踏みながら、同時にブレーキを踏んでいるようなものですから(笑)。

 限界をつくっているのは自分です。自分のしあわせの限界はこのくらいって威勢の悪いことを言っているから、モテないんです。

 ステキな人に出会うんだと、ワクワクしながらその人にふさわしい自分になりたいと思って磨きをかけていれば、限界を超えてしあわせなことが山ほど来るんです。奇跡は絶対に起きます。

 あなたはどんな風にしあわせになりたいですか?

モテモテになるワンポイント 
すごいことを考えて、自分のしあわせの限界のリミッターをぶっ壊せ! 

真面目はジメジメ(笑)。モテない!

「どんなに不幸そうな顔の人でも一瞬にして、『こんなにしあわせな笑顔になったのは生まれてはじめて!』というくらいに笑顔に変えてみせるゲームをするからね。みんなの顔をよく見ておいてごらん」と、ある講演会で一人さんが楽しいゲームを教えてくれました。その名も「不倫ゲーム」です(笑)。


 壇上に上げられた人たちはひとりずつ、「私○○は、芸能人の△□さんと不倫します」と、みんなの前で大きな声で宣言していきます。

 この不倫する相手は必ず憧れの芸能人限定です!
「『私○○は、黒木瞳さんと不倫します!』。わっ、顔が笑顔になってやばい!」
「『私○●は、三浦春馬さんと不倫します!』。ワ〜、笑顔になっちゃう。すご〜い!」
「『私◆◇は、大好きな向井理さんと不倫します!』。キャ〜、楽しい!!

 宣言した人たちはみんな次々と、今まで見たこともないような満面の笑みで、大興奮。聞いているみんなも笑顔でワーワー、キャーキャーと大盛り上がりになりました。

 なんで、「不倫します!」と宣言するだけでこんなに笑顔になるんでしょうか?

 一人さんが教えてくれました。「このゲームをすると『私、独身なんです』と口答えする人がいるんだけど(笑)、『結婚します!』じゃ、こんなにまで笑顔にならないんだよ。だって、結婚は生活だけど、不倫は楽しみだから積極性がないとできないんだよ(笑)。

 不幸な人は不幸なことばっかり考えているから、笑顔になれないんだよ。人間って、ちょっとくらいふとどきなことを考えると、一瞬ですごい笑顔になれるんだよ。人間あまり真面目じゃあ、人生楽しくないよな」。

 一人さんは、こんな風に笑える種を一〇〇も二〇〇も持っています。そして、その笑える種をみんなにおすそ分けして、まわりの人たちにしあわせな笑顔の花をいっぱい咲かせてくれます。

 あなたはだれと不倫しますか? ほら、その楽しいあなたの笑顔がしあわせの種ですよ!

モテモテになるワンポイント 
ちょっとふとどきなくらいで楽しもう! 


別れたら次の人!!


 好きな人や恋人にふられたり別れると、自分はもうダメだと思ったり、落ち込んだり……。あ〜そんな時間は無駄ムダムダです! 別れたら次の人です!!
「チャンスは一度〜♪」(作詞:たかたかし、作曲:鈴木邦彦『チャンスは一度』)という昔のヒット曲を、一人さんは、「そんな一度なんて威勢が悪いんだよ。いいかい、こうだよ。♪チャンスは一度〜、二度、三度、四度、五度、六度……♪」(笑)と歌うんです! もう私もみんなも大爆笑です!

 でも、本当はそれくらい、いくらでもチャンスがあるんです。だから、自分のエネルギーをマイナスに使うヒマがあったら、一〇〇%チャンスをつかむためのエネルギーに使うんです。別れたらいつまでも悲しんでいないで、次の人を探しましょう!

 別れた理由はどうであれ、次にもっといい人が現れるからいなくなったんです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:10960文字/本文:12938文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次