読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1202562
0
とらわれない。ゆるがない 人生を豊かにする「菜根譚」の言葉
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第七章 曇りのない眼で物事を見よ

『とらわれない。ゆるがない 人生を豊かにする「菜根譚」の言葉』
[著]守屋洋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


小事にとらわれて、

大局を見失ってはならない



 人々に支持されないからといって、自分の意見を変えてはならない。


 自分の意見に()(しつ)するあまり、他人の意見を無視してはならない。


 小さな私恩を売って、大局的判断を見失ってはならない。


 世論を(かく)(みの)にして個人的なうっ(ぷん)をはらしてはならない。

(前集・一三〇) 




 この四か条も、それぞれに人間学の至言といってよい。一つだけコメントすると、三つめのことばであるが、これは、二、三流の政治家や小権力者が、みずからの勢力を()(しよく)するために好んで使う(じよう)(とう)手法である。


 そんなことをしないのが、君子というものであるらしい。



澄みきった心でいれば、

大事な局面で判断を誤ることがない



 心のなかに一点の物欲もなければ、()に投げこまれた雪や太陽に照らされた氷のように、すべての執着が消え去っていく。


 心のなかに一筋の(こう)(みよう)が開けてくれば、明月が中空にかかりその影が(みな)()に映るように、眼前の世界を照らし出す。

(後集・七五) 



(めい)(きよう)()(すい)」(『荘子』)ということばがある。曇りのない鏡(明鏡)にしても静かな水(止水)にしても、物事をよく映し出す。そこから澄みきった心境を意味するようになった。こういう境地を自分のものにすることができれば、大事な局面で判断を誤ることもない。



現状を正しく認識すること。

そして強い意志で解決にあたること



 私情や私欲にうち勝つには、いち早くそれを自覚しなければ困難だという説がある。また、せっかく自覚しても意志が弱かったら克服できないという説もある。


 思うに、自覚する能力は魔物を照らし出す珠玉であり、やりとげようとする意志力は魔物を斬り捨てる名剣である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4131文字/本文:4895文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次