読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1203210
0
図解 いちばんやさしい地政学の本
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「地政学」とは、リアルな軍事戦略だ!

『図解 いちばんやさしい地政学の本』
[著]沢辺有司 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  地図を戦略的に見る


「地政学(Geopolitics:ジオポリティクス)」とはなんでしょうか?


 地政学とは、かんたんにいえば、「軍事戦略の理論」です。地図を戦略的に見て、どうやって空間を支配するのかを考えるものです。


 国家というのは、戦争があってもなくても、いつでも周りの国の様子を見極めながら、あらゆる戦略をねって自分の国を守っています。そのとき、歴史的な視点も必要ですが、地理的な視点も必要です。この地理的な視点を用いる戦略が、地政学です。


 地政学を使うのは、自分の国の戦略を考えるときだけではありません。混沌とした世界情勢をきちんと把握するときにも、地政学はとても重要なツールになります。



  地理的条件は変わらない



 すべての国は、地理的条件から逃れることはできません。


 どういうことかというと、それぞれの国は、海に囲まれていたり、内陸にあったり、大国にはさまれていたり、半島につきでていたり、さまざまな地理的条件のうえになりたっています。しかも、その地理的条件というのはずっと変わりません。人類の歴史がはじまってから、地理はほとんど変わっていないからです。


 つまり、「それぞれの国は、ずっと同じ地理的条件のうえになりたっていて、その条件をぬきにして戦略をねることはできない」ということです。この考え方は、地政学の重要な出発点になります。


 このように地理的条件を出発点とする地政学には、2つの基本的な概念があります。それが、「シー・パワー(海洋国家)」「ランド・パワー(大陸国家)」です。


 海に強いシー・パワーには、島国のイギリスや日本があります。アメリカも大西洋と太平洋にはさまれているので、大きな島国と見ることができて、シー・パワーの国に分類されます。陸に強いランド・パワーには、ロシアやドイツ、フランス、中国があります。


 世界の国をシー・パワーとランド・パワーに分類して観察するだけでも、国際情勢はよりクリアに見えてくるでしょう。




 たとえば、シー・パワーの日本は、いつも海に守られていたことがわかります。海は防衛上の利点があります。海は敵からの侵入を防ぎやすいのです。とくに日本の場合、黒潮と親潮という世界的にも非常に流れの速い海流にはさまれているので、この海域に慣れていない敵からすると、船をあやつって近づくのは簡単ではありません。日本はこうした海に守られているので、歴代の中華帝国でさえ支配することができませんでした。


 日本の最大の危機は、2度にわたるモンゴル軍の襲来(元寇)でしょう。モンゴル軍は、ロシアや東欧まで侵攻した当時世界最強のランド・パワーです。しかし、日本はこれも退けました。


 その要因には「神風」もありますが、モンゴル軍はランド・パワーを母体とし、海に慣れていなかったことがあげられます(後述参照)。つまり、シー・パワーでは日本が勝っていたということです。



  リアルな地政学が前面に出てきた



 地政学は、とても「現実的」で「実践的」な軍事戦略です。イデオロギーなどの「理想的」な論理とは違います。


 戦争では、開戦の理由として、なにかしらの物語がつくられるときがあります。「ファシズム陣営から自由主義を守るため」「共産主義から資本主義を守るため」「テロとの戦い」などという物語です。このようなイデオロギーとよばれる物語によって戦争の理由づけがされます。


 しかし、現実には違うところに理由があります。領土や植民地の拡大、防衛上の拠点の獲得、資源の獲得などが戦争の本当の目的だったりします。つまり、よくよく見てみると、地政学的なリアルな戦略が隠されているわけです。


 たとえば、「テロとの戦い」のスローガンでアメリカはイラク戦争に突入しましたが、その根拠とされた「大量破壊兵器」はついに見つかりませんでした。イラク戦争の本当の目的は、アメリカがロシア寄りのフセイン政権から石油利権を奪うことだったとされています。


 すこし前までの世界は、イデオロギーという物語によっておおわれていましたが、いまやそのベールがはがされ、地政学的な戦略が前面に出てきています。


 その象徴ともいえるのが、ロシアのプーチン大統領です。プーチンは、なんのためらいもなく「自国の地政学的な利益のため」といって、クリミアやウクライナに介入して、領土拡大を進めています(後述参照)。


 ロシアの身勝手な行動は非難されるべきですが、地政学に敏感な人なら、プーチンの戦略は当然と理解できます。


 プーチンは、「地政学的な問題は、イデオロギーとは何の関係もない」とはっきり述べています。イデオロギーという理想的な物語で語られる時代は終わって、かつての帝国主義時代のように、現実的で実践的な地政学で考えなければいけない時代になっているということです。


 イデオロギーが退いたいま、複雑な世界情勢を見るもっとも有効なツールとして地政学の重要性がうかびあがっているのです。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2022文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次