読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1203212
0
図解 いちばんやさしい地政学の本
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2つの基本概念「シー・パワー」と「ランド・パワー」

『図解 いちばんやさしい地政学の本』
[著]沢辺有司 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  シー・パワーとランド・パワー



 地政学の基本概念をおさえておきましょう。


 まず、すでに紹介したとおり、地政学では、「シー・パワー(海洋国家)」「ランド・パワー(大陸国家)」の分類が基本となります。今日でもこの分類は有効で、世界の国々をシー・パワーなのかランド・パワーなのかという視点から見ることで、その戦略をより明確に分析することができます。


 このシー・パワーとランド・パワーの分類をはじめて提示したのは、マッキンダーでした。


 古来、ヨーロッパにとっては、フン族やマジャール人、モンゴル人などのランド・パワーが脅威となっていましたが、大航海時代以降はスペインやポルトガル、さらにはオランダ、イギリスなどヨーロッパのシー・パワーが世界の覇権をにぎりました

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1716文字/本文:2045文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次