読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1203219
0
図解 いちばんやさしい地政学の本
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
アメリカの裏庭、キューバ危機から国交回復へ

『図解 いちばんやさしい地政学の本』
[著]沢辺有司 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  キューバだけは例外



 アメリカには、「新世界」である南北アメリカ大陸は自分たちのものである、という意識があります。実際、アメリカは中南米諸国への関与を深めてきました。


 ただ、唯一の例外がキューバです。キューバはソ連の共産主義陣営に入り、その結果、米ソが核でおどしあうキューバ危機が起きました。そんなキューバとも、2015年には国交を回復しています。


 アメリカにとってキューバとはどのような存在なのか? その関係を探ってみましょう。



  ソ連の地政学的戦略ミスだった



 中南米諸国は、19世紀にスペインやポルトガルから独立し、少数派の白人地主によって独裁政権がきずかれました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1785文字/本文:2071文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次