読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1203512
0
齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻 頭がよくなる必殺! 読書術
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 読書は錬金術だ!

『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻 頭がよくなる必殺! 読書術』
[著]齋藤孝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:24分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

錬金術(れんきんじゆつ)その1 想像力(そうぞうりよく)をつけろ!


 さて。みんなはここまで()んで、だいぶ(ほん)()みたくなってきたころだと(おも)う。でもどうして、そもそも、(ほん)()むことはいいことなんだろうか?

 もっとはげしい()(かた)をすると、
人間(にんげん)は、なぜ(ほん)()まなければならないのだろう?」

 という(はなし)をしましょう。

 ここからしばらくは、この(ほん)最初(さいしよ)()いた、「読書(どくしよ)は、(いし)ころ人間(にんげん)黄金人間(おうごんにんげん)()えてしまう錬金術(れんきんじゆつ)なんだ!」の説明(せつめい)だ。この(ほん)(かく)となる部分(ぶぶん)だから、じっくり()むように!

 コナン・ドイルというイギリスの小説家(しようせつか)()いた、シャーロック・ホームズの探偵話(たんていばなし)をみんなも()っているかな? むずかしい事件(じけん)をドンドン解決(かいけつ)していく名探偵(めいたんてい)(はなし)です。

 おもしろいですよ。()んでいるうちに、シャーロック・ホームズのいるイギリスの世界(せかい)(はい)っちゃうんだ。だけど、シャーロック・ホームズは架空(かくう)人物(じんぶつ)だ。実際(じつさい)にはそんな人間(にんげん)はいない。そんな探偵(たんてい)はいなかった。ドイルさんの(あたま)のなかで()まれて、(かれ)(かみ)()きつけたものだね。

 そう、あくまでつくり(ばなし)なんだけど、(はなし)のなかでシャーロック・ホームズの探偵事務所(たんていじむしよ)があるとされている、イギリスはロンドンの「ベーカーストリート221b」って住所(じゆうしよ)()くと、なんと、そこにシャーロック・ホームズの(いえ)があるんだ。(ほん)のなかに()てくるとおりの場所(ばしよ)に、ちゃんとある。

 ぼくは実際(じつさい)()ってみたことがあります。

 なかに(はい)ってみたら、ああ、あるある! シャーロック・ホームズの使(つか)っていた(?)もの、たとえば、ホームズの帽子(ぼうし)があったり、ホームズの(かお)()られた()のついた(むし)メガネがあったり。まるで、
「シャーロック・ホームズっていうのは、ほんとにいた(ひと)だっけ?」

 って、ちょっと(くび)をかしげながら錯覚(さつかく)してしまうほどに。

 不思議(ふしぎ)(はなし)でしょう? ホームズの(はなし)世界中(せかいじゆう)()まれていて、ファンがたくさんいる。()んだ(ひと)は、それほどまでに、「みんなのシャーロック・ホームズはほんとうにいたんだ」と(おも)いたいんだね。その(おも)いがつのって、(ほん)から()()しちゃって、そんな場所(ばしよ)現実(げんじつ)につくりだしてしまったんだ。もともとは(ほん)ですよ。(ほん)のなかの架空(かくう)のお(はなし)なのにね。

 (かみ)(うえ)文字(もじ)は、(うご)きもしないし、()()えているわけでもない。でも、()んでいる(ひと)は、自分(じぶん)(あたま)のなかに()をつくり、それを(うご)かしながら()んでいきます。その能力(のうりよく)想像力(そうぞうりよく)といいます。英語(えいご)では、イマジネーションという。

 そう、(ほん)()む=想像力(そうぞうりよく)(きた)える、ということなんです。これがすごく大切(たいせつ)なんだ。

 では、(ほん)()んで()(いぬ)(はなし)()っていますか?

 ぼくは()りません。(かな)しい気持(きも)ちになるだけだったら、(いぬ)だって、(かな)しい気持(きも)ちになることはあります。主人(しゆじん)が、どこかへ()かけちゃって(かえ)ってこないとか。今日(きよう)は、夕飯(ゆうはん)()てこないとか。そんなとき、(いぬ)はクゥーン、クゥーンって()きますよ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9813文字/本文:11575文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次