読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1203514
0
齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻 頭がよくなる必殺! 読書術
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5 読書感想文必勝法

『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第4巻 頭がよくなる必殺! 読書術』
[著]齋藤孝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:22分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

必勝法(ひつしようほう)その1 ()んだら(ひと)(はな)す!


 みんな、学校(がつこう)で、読書感想文(どくしよかんそうぶん)()け、と()われたことがあると(おも)う。

 夏休(なつやす)みの宿題(しゆくだい)になっている(ひと)もいるでしょう。メンドクサイなとか、苦手(にがて)だなと(おも)った(ひと)も、そうとういるだろうね。じゃあ、ここで、
感想文(かんそうぶん)なんて、カンタンだ!」

 という決定的(けつていてき)方法(ほうほう)(おし)えます。どうやったら、カンタンにやれるかということを。

 よかったね、この(ほん)出合(であ)えて。こんなトクなことが(まな)べるんだよ! ふふふ。(ほん)っていいなぁ。いいもんでしょ?

 まず、読書感想文(どくしよかんそうぶん)って、じつはけっこうおもしろいことなんだけどな。

 イヤがっている(ひと)もいるかもしれないけれど、(かんが)えてごらんよ。(ほん)というのは、ほんとうは、()んだら(ひと)(はな)したくなるものなんだよ。つまり、()んでみて、だれかに(はな)したくならないような(ほん)感想文(かんそうぶん)()くな!()いたい。ここ重要(じゆうよう)。かなり重要(じゆうよう)

 おもしろくない(ほん)()んで、感想文(かんそうぶん)無理(むり)やり()くのは、はなっから無理(むり)だということを()っておこう。おもしろくない(ほん)()こうとする(ひと)は、中学生(ちゆうがくせい)高校生(こうこうせい)になって、インチキをまず(かんが)えます。(ほん)中身(なかみ)()まないで、あとがきとか、解説文(かいせつぶん)()んで、そこを(うつ)す。すごく(あたま)がいい! 

 アッ、その()があったか、と、一見(いつけん)感心(かんしん)するんだけれども、そうは問屋(とんや)がおろさないのよ。(ひく)(てん)をつけられてしまいます。なぜかというと、採点(さいてん)する先生(せんせい)だってバカじゃないから、解説文(かいせつぶん)ぐらい()んでます! それを(うつ)した(ひと)は、最低(さいてい)(てん)です。残念(ざんねん)でした〜。

 だから読書感想文(どくしよかんそうぶん)は、自分(じぶん)()んで、こんな(ほん)なんだよと(ひと)(はな)したくなるような(ほん)()け、ということですね。()(ほん)()まっている場合(ばあい)はしかたがないけどね。

 さて、(ほん)()()わりました。でも、原稿用紙(げんこうようし)()きはじめる(まえ)に、やるべきことがあります。

 とにかく()んだら、(ひと)(はな)すんです。人間(にんげん)(ひと)(はな)せないことは()けない。

 それも、ひとりじゃない。ふたり、三人(さんにん)(はな)す。お(とう)さん、お(かあ)さん、(とも)だち。これで三人(さんにん)だ。お(とう)さんやお(かあ)さんというのは、そういうときに、とってもいい相手(あいて)だね。
「こんな(ほん)()んだんだけど……」

 という(はなし)()いてくれないお(とう)さん、お(かあ)さんは、ほぼいませんね。(いそが)しくても、なぜか()いてくれます。
「うるさいな。(だま)ってろ」

 と()(おや)はいません。
「こんな(はなし)()んだから、()いて、()いて、()いて」

 って()ったら、
「それで、それで?」

 って()いてくれます。あらすじを(はな)して、大好(だいす)きだった場面(ばめん)のことを(はな)してみよう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9009文字/本文:10622文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次