読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1203534
0
齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第6巻 心をきたえる痛快!言いわけ禁止塾
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 言いわけ撲滅運動、開始!

『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第6巻 心をきたえる痛快!言いわけ禁止塾』
[著]齋藤孝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

(こころ)素直(すなお)じゃないと(つか)れるぞ


 禁句(きんく)6「オレ((わたし))だって、やろうと(おも)えばできるよ」の(ひと)に、さらに()っておきたいことを(はな)します(「(わたし)はそうじゃない」って(ひと)も、他人事(ひとごと)だとは(おも)わずにいっしょに(かんが)えてみてね)。

 こういう(ひと)は、じつは、(こころ)素直(すなお)じゃないんだ。どこかで、素直(すなお)になれないクセがついちゃってるんだ。

 これを(くるま)にたとえると、いつもブレーキをかけながら(はし)ってるみたいなもんですよ。

 キミたちだったら自転車(じてんしゃ)()るときのことを(かんが)えればわかりやすいかな。()でブレーキを(にぎ)りながら、(あし)一生懸命(いっしょうけんめい)ペダルをこいでいるようなものだ。

 どう? いかにも(つか)れそうでしょ?

 むずかしい()(かた)をすると、摩擦熱(まさつねつ)(おお)すぎちゃって、エネルギー・ロスが(おお)すぎちゃって、肝心(かんじん)なことにエネルギーが使(つか)えないんです。

 だから、(こころ)素直(すなお)だというのは、じつは、もっとも回転(かいてん)よく、ムダなく自分(じぶん)()ばしていける、そういう素質(そしつ)なんですね。これをしないというのは、ホントにもったいない。
素直(すなお)一番(いちばん)!」

 なんて、(おや)はよく()いませんか?

 素直(すなお)じゃないっていうのは、「自分(じぶん)はアタマがいい」と(おも)ってる(ひと)(おちい)りがちなワナなんですね。

 アタマがいいと自分(じぶん)(おも)いがちな(ひと)というのは、他人(たにん)(たい)して批判的(ひはんてき)になることで自分(じぶん)のアタマのよさをひけらかそう、自慢(じまん)しようとするところがあるんだな。

 大人(おとな)でも、そういうタイプの(ひと)がいますけど、こんな(ひと)一流(いちりゅう)になれませんね。そういう(ひと)()ると、ぼくはよく、
一回(いっかい)、バカになれ!」
「バカになってみろ!」

 と()いますけどね。
「うんこ、うんこ、うんこ、って(はら)(そこ)から大声(おおごえ)百回言(ひゃっかいい)ってみろ!」

 とかね((わらい))。

 じゃないと、()びないんだよね。(つよ)くなれない。

 というのは、素直(すなお)になれない(ひと)は、いつまでたっても()いわけをするからですよ。

 アタマのいい(ひと)は、()いわけがうまいの((わらい))。いや、これは(わら)(ごと)じゃなくて、自分(じぶん)能力(のうりょく)をそっちに使(つか)っちゃうんだよなー、なぜか。

 自分(じぶん)ができない理由(りゆう)は、(じゅう)二十(にじゅう)もあげることができるんですよ。
「だって、オレは()ってなくて、あいつは()っていたからさー」
(わたし)は、(じゅく)()ってなかったから」
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7265文字/本文:8578文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次