読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1203576
0
齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第10巻 ちょっとお金持ちになってみたい人、全員集合!
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 お金持ちになるためのレッスン七か条

『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第10巻 ちょっとお金持ちになってみたい人、全員集合!』
[著]齋藤孝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:37分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

レッスン1 ちゃんと学校(がっこう)()


 まず、学校(がっこう)()くことが、お金持(かねも)ちになるトレーニングだ。

 えっ!? 意味(いみ)がわからない?

 学校(がっこう)()くということは、早起(はやお)きして、()まった時間(じかん)()まった場所(ばしょ)()かける練習(れんしゅう)だからです。これは一番大事(いちばんだいじ)

 学校(がっこう)にちゃんと()っていない(ひと)は、時間(じかん)(まも)って、キチッキチッと集合(しゅうごう)することが()につきません。()()わせをしたときに(おく)れたり、会社(かいしゃ)()くときに(あさ)()きられなかったり。そんなことじゃ、お金持(かねも)ちはムリ!

 ()められた時間(じかん)にちゃんと集合(しゅうごう)できるというのは、それだけで「信用(しんよう)なんです。

 学校(がっこう)というところは、勉強(べんきょう)するという大事(だいじ)役割(やくわり)があるし、ふつうはその役割(やくわり)にしか()づかない。でも、じつは勉強以外(べんきょういがい)にも、()まった時間(じかん)()まったことをするクセを(からだ)()()んでいく、という大事(だいじ)役割(やくわり)があるんです。

 だから、学校(がっこう)()くべし! 遅刻(ちこく)せずに()くべし!

レッスン2 タダで仕事(しごと)をやる


 これ、じつは、だれもがすぐに発揮(はっき)できる特殊能力(とくしゅのうりょく)。しかも、この特殊能力(とくしゅのうりょく)があれば、(かなら)仕事(しごと)(あつ)まってきます。

 さっきも()ったとおり、仕事(しごと)自分(じぶん)のところに(まわ)ってこなければ、(はなし)になりません。お(かね)をもうけるチャンスが()まれない。だから、どうしたら仕事(しごと)自分(じぶん)のところにくるかを(かんが)える必要(ひつよう)がある。

 それには、仕事(しごと)をタダでやること。
「え―――っ!」

 って(おも)うでしょう。
「お金持(かねも)ちとは、まったく逆方向(ぎゃくほうこう)じゃん!」

 って。では、その理由(りゆう)説明(せつめい)しましょう。

 たとえば、ひとつの仕事(しごと)があって、だれかに(たの)まなければならないとしよう。そのとき、(エー)さんと(ビー)さんがいて、どちらも(おな)じくらい、(うで)がいいとする。

 そんなとき、どちらに仕事(しごと)(たの)むかを(なに)()めるかというと、まず料金(りょうきん)(やす)いほうに(たの)みます。だから、料金(りょうきん)一番安(いちばんやす)い=タダ」だと、仕事(しごと)がどんどん(あつ)まります。
「ちょっと()て、でも料金(りょうきん)(やす)いと、仕事(しごと)をやってもやっても、ぜんぜんもうからないじゃないか?」

 と(おも)った(ひと)はいますか? その(ひと)はするどい。

 だけど、こう(かんが)えてください。仕事(しごと)は、最初(さいしょ)に」タダで()()けてやるのがコツなんです。
勉強(べんきょう)ですから、タダでやらせてください」

 って()うんだよ、まず。タダで、しかもちゃんと仕事(しごと)をやると、
「おお、できるじゃないか」

 と()って、ほめてくれます。ときには、
(つぎ)、これも(たの)むよ」

 と()って、(つぎ)仕事(しごと)をもらえます。(つぎ)もまた、
今度(こんど)勉強(べんきょう)ですから」

 と()って、タダでやる。
「それじゃあ、一生(いっしょう)タダ(ばたら)きじゃないか!」

 って、キミたちは(おも)うかもしれないね。とーんでもない! 一生懸命働(いっしょうけんめいはたら)(ひと)(たい)して、ずっとタダ(ばたら)きさせるような卑怯(ひきょう)なヤツって、あんまりいないんだ。きちんと結果(けっか)()(ひと)には、
「このあいだは、タダで(わる)かったね。じゃあこれからはこのぐらいの料金(りょうきん)でどうだろうか」

 というように、お(かね)をつけてくれるんだ。
問題(もんだい)タダできちんと仕事(しごと)をやると、キミたちは「(なに)か」を()()れることになる。それは、なんですか?

 ここまでこの(ほん)()んできた(ひと)は、もうわかるだろう。
(こた)え〕信用(しんよう)()()れるんですね。もちろん、タダでもいいかげんな仕事(しごと)じゃ、ダメだぞ。相手(あいて)(よろこ)んでもらえるくらい、きちんと仕上(しあ)げなければいけないことは、当然(とうぜん)だ。

 そうやってタダで、きちんと仕事(しごと)をやっていたら、(くち)コミ」っていうのができてくる。(ひと)から(ひと)へ、情報(じょうほう)(つた)わっていくことです。(くち)コミが一番大事(いちばんだいじ)です。

 キミは信用(しんよう)がある(ひと)だよ、っていうことになると、(くち)コミで、
「あの(ひと)、すっごく(やす)いお(かね)で、ちゃんとした仕事(しごと)をするよ」

 って、どんどんどんどん信用(しんよう)評判(ひょうばん)(ひろ)まっていくんです。すると、
「じゃあ(ぼく)(たの)む」
(わたし)もあなたに(たの)もうかしら」

 となってくるんです。

 そしたら、(つぎ)にどうなっていくかというと、たとえばひとつの仕事(しごと)五千円(ごせんえん)でやっているとしましょう。ところが、仕事(しごと)()えると(いそが)しくなってくる。キミはやむをえず、
(いそが)しすぎて、十分(じゅうぶん)仕事(しごと)ができないかもしれません」

 と()わなければいけなくなるだろう。すると、
「でも、キミにやってほしいんだ。六千円払(ろくせんえんはら)うから、ぜひやってくれ」

 ということになる。そういうことが(つづ)くと、キミの相場(そうば)六千円(ろくせんえん)になっちゃうんだ。つまり、だいたいどの仕事(しごと)も、六千円(ろくせんえん)でやってくれ、となってくる。五千円平均(ごせんえんへいきん)でやっていたときよりも、ガンとお(かね)(はい)ってくるようになる。そうでしょう? さらに、
「キミ、すごくきっちり仕事(しごと)をするねぇ。この仕事(しごと)はむずかしいけれど、(いそ)いでるんで、ぜひ(たの)むよ」
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:15610文字/本文:18397文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次