読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1203589
0
齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第12巻 最終指令 ミッション! パッション! ハイテンション!!
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
シリーズ発刊にあたって

『齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第12巻 最終指令 ミッション! パッション! ハイテンション!!』
[著]齋藤孝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

――なぜ「ガツンと一発」言いたいのか
齋藤 孝 


 生きていくうえで大切だと思うことを、子どもたちに向かってはっきりと、言葉にして強く言う。子どもたちにとって少し耳が痛いことも、ガツンとはっきり言う。

 これは親の仕事であり、大人全体の責任だと思っています。かつての日本には、他人の子どもでも大人がしっかりと説教をするという空気がありました。それが、近年は、自分の子どもにさえも「ガツンと一発」ものが言えなくなってきました。これは大問題です。

 子どもは、社会がどういうものなのかを知りません。世の中にどれほどいいものがたくさんあるのかも、まだ知りません。どういう心構えでいれば人生を充実させることができるのかも知りません。知らないことばかりです。大人は遠慮せずに、子どもたちに大切なことを伝えていくべきだと、私は思います。

 いまは、この本の全部がわからなくてもいい。中学生や高校生になって、この本の背表紙が並んでいるのを見て、「ああ、あれはこういうことだったのか」と気づく場面があってもいいわけです。

 生き生きと、強く生きていく。そのために、言葉は支えになります。この「ガツンと一発」シリーズの言葉が、子どもたちを勇気づけ、タフにしていくことを願っています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:526文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次