読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1203726
0
消えるコトバ・消えないコトバ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
歴史

『消えるコトバ・消えないコトバ』
[著]外山滋比古 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 歴史を過去の忠実な記録と考える人が、かなりの知識、教養をもっているのにすくなくない。それが注目されることもほとんどない。


 十九世紀は、歴史の時代であると言ってよい。ヨーロッパの主要国は、自国の歴史を確立することも、文化的独立のように考える傾向があった。すこし歴史を過大視したのだが、それを批判するものはなかった。自信にみちた歴史家の中には、“歴史は過去を再現する”と豪語した。それを信じるのがアカデミックだとされていたのである。


 大学は、歴史的学問が並んだ。文学史、言語史、美術史……“史”のつかない学問は存在しないかのようであった(鎖国をしていてそういう歴史革命を経験しなかった日本は、わけも分からず、──史を学術の中核においた)。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1659文字/本文:1977文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次